チャージバック保証サービス

EC市場の拡大とともにクレジットカードの不正利用が急激に増加する中で、2013年8月1日にVISA国際チャージバックルールが導入され、国内カード取引においてもクレジットカード会社が一方的に不正利用に対する支払いを拒否できるため、チャージバックが発生した場合は、今まで以上にオンライン事業者さまの被害リスクの増加が予想されます。
チャージ保証サービスは、オンライン事業者さまの損失を最小限にし、事業者さまの被害リスクの軽減に貢献いたします。

チャージバック保証サービスについて

「チャージバック保証サービス」は、毎月一定の保証料をお支払いただくことにより、オンライン事業者さまのチャージバックによる被害を保証するサービスです。 なお、本サービスをお申込みのさいは、イーディフェンダーズ社との契約が必要となり、一定の保証料のご負担が必要となります。

チャージバック保証サービス 概要図

チャージバック保証サービスの基本的な流れは以下の通りです。

チャージバック保証サービス 概要図

チャージバックとは

チャージバックとは、なりすましやカード盗用など第三者によるクレジットカードの不正利用により、カード名義人が利用代金の決済に同意しない場合、クレジットカード会社がその利用代金の売り上げを取り消すことです。

チャージバック保証サービスの導入メリット

  1. 収入減リスクの回避
    不正利用による売上損失リスクをチャージバック保証サービスにより回避できます。
  2. EC運営における安心感
    いつ狙われるかわからない不正利用ですが、保証サービスにより安心してECを運営できます。
  3. 潜在的リスクの認知とヘッジ
    ECにおけるリスクを認知・理解しリスク対策も万全なサイト運営が実現できます。
オンライン決済ASP

お問い合わせフォーム お電話での申し込み