MENU

API型とは

API型は、加盟店さまと当社のサーバ間で決済情報を通信することにより、決済処理をする接続方式です。
決済画面は加盟店さま側で自由に設計していただくことができます。

その他接続方式のご紹介

特長

  • 決済画面は、加盟店さま側で自由に設計していただけます。
  • 加盟店さまサイトの業務に合わせて、各APIを組み合わせることで、各種機能をご利用いただけます。
  • PC、スマートフォン、携帯のいずれのデバイスでもご利用いただけます。

接続のイメージ

API型決済の流れをご説明いたします。クレジットカード払いでの決済手段の入力から、決済処理までの一連の構成を例にしておりますのでご確認ください。処理フローなど詳細に関しては、お気軽にご相談ください。

API型決済の流れ

API型決済の流れ

トークンサービス利用について

当社ではクレジットカード番号をトークン化して決済処理を実施する「トークンサービス」をご提供しております。
トークンサービスをご導入いただくと、決済画面の自由度を保ったまま、事業者さまのサーバーでクレジットカード情報を取扱い(通過も含む)することなく、より安全にクレジットカード決済をご利用いただけます。

トークンサービス利用のメリット

  • 情報漏えいのリスクを軽減
  • クレジット取引セキュリティ対策協議会が推奨する、「加盟店におけるカード情報の非保持化」に対応

ご利用可能な決済手段

下記の決済手段で当社に対する購入依頼の処理をAPI型でご利用可能です。

クレジットカード決済 JCB PREMO決済 WEBコンビニ決済
Pay-easy決済 総合振込決済  

※最新のご利用可能な決済手段は当社営業までお問い合わせください。

※上記の決済手段以外にも、API型を利用して売上、返金等の後続処理を実施できる決済手段がございます。詳しくは当社営業までお問い合わせください。

お申し込み手続き

お申し込みからご利用開始までのお手続きに関しては導入の流れをご確認ください。
ご利用のための料金(手数料など)は詳細をお伺いしたうえでお見積もりいたします。

ソフトバンク・ペイメント・サービスがお届けするおすすめコンテンツ

接続方式API型に関連するコンテンツをご紹介いたします。技術的な情報やおすすめの決済手段などピックアップしておりますので、お気軽にご覧ください。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ご入力時間 約1分

03-6889-2131

平日 9:30~17:30