3Dセキュア

インターネット上でクレジットカード決済をより安全に行うことを目的に、各カードブランド(VISA、MasterCard、JCB)が提供する本人認証サービスが、3Dセキュアです。利用者個人によって異なるパスワードを設定でき、第三者によるなりすましなど、決済における不正を防止することができます。

本人認証サービスの重要性

最近、残念ながら、盗難や偽造による不正なカード決済が増加しております。
不正利用が判明した場合、カード会社による「チャージバック」が行われ、カード決済加盟店にとって非常に大きな負担となります。それらを未然に防ぐには、本人しか知りえないパスワードによる認証を追加できる「3Dセキュア」が非常に有効な手段となります。

チャージバックとは

通常クレジットで支払う際は、お店は利用者からレシートにサインをもらい、クレジットカード裏面のサインと照合することで、販売対象者=クレジットカード所有者という本人確認をいたします。 インターネットショッピングでは、お店側でこのような本人確認が取れないため、不正なクレジットカードが利用されたり、利用した覚えがないという利用者からの申し出があると、クレジットカード会社から売り上げの差し戻しが行われる場合があります。この事をチャージバックといいます。 チャージバックが発生した場合、次回以降の加盟店様精算のタイミングで、差し戻し分の精算処理をさせていただく場合があります。

3Dセキュアを導入頂いている場合は、オンラインで本人確認を実施するため、上記のような不正利用や本人利用否認といったチャージバックのリスクを最小限に抑えることが可能です。安心で安全な決済のために、3Dセキュアの導入を推奨いたします。

本人認証サービスの導入メリット

  1. 「安全なサイト」のイメージ向上
    不正利用の防止をすることで、利用者は安心してサービスをご利用できます。
  2. 「なりすまし」や第三者の利用を防止
    本人専用のパスワード入力により、「なりすまし」や「カード悪用」を防ぎます。
  3. 返金・取消業務の軽減
    不正利用を未然に防止するため、お客様の返金・取消業務を軽減できます。

クレジットカードブランドの対応状況

本人認証サービス「3Dセキュア」は、VISA・MasterCard・JCB の各ブランドで呼び名が異なりますが、利用方法は同じです。詳しくは各社のサイトをご覧ください。

  • VERIFIED by VISA
  • MasterCard SecureCode
  • JCB J/Secure

3Dセキュア ご利用イメージ

本人サービスを導入いただくと、クレジットカード番号、有効期限等のご入力の後に、パスワード認証画面に遷移いたします。(画面デザインは、ご利用いただくカードによって異なります。)

本人認証サービス導入に関する注意事項

携帯電話サイトには対応しておりません。

携帯電話端末からのご利用の場合、3Dセキュアはご利用いただけません。

利用者がパスワードを登録していない/覚えてない場合

本人認証用のパスワードは、クレジットカード所有者が各クレジットカード会社のWebサイト等で登録したパスワードを利用いたします。そのため、利用者がパスワードを登録していない場合や、忘れた場合は決済を完了せずに、離脱してしまう可能性があります。

3Dセキュアを「必須」設定にした場合

3Dセキュアに対応していないクレジットカードをお持ちの利用者は、決済することができなくなります。

オンライン決済ASP

お問い合わせフォーム お電話での申し込み