プレスリリース 2015年

「UnionPay(銀聯)」メンバーシップライセンスを取得し、
業界初の実店舗・ネット向けの総合決済サービス提供へ

2015年10月16日
ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社(以下「SBPS」)は、「UnionPay(銀聯・ぎんれん)」のメンバーシップライセンスを取得し、2016年1月にネット向け「銀聯カード」決済サービスの提供を開始します。また、実店舗向けにも2016年春から「銀聯カード」決済サービスを提供する予定です。なお、決済代行事業会社が、実店舗とネット向けに「銀聯カード」での総合的な決済サービスを提供するのは、SBPSが業界で初めてです。

SBPSは、2004年10月に会社を設立後、オンライン向けに豊富な決済手段を提供する決済代行サービスを中心に展開してまいりました。2011年にVisa、MasterCardのメンバーシップライセンスを取得して決済代行サービスを始め「アクワイアラー」として加盟店審査を開始、さらに、2015年3月には独自のサービスとして「ソフトバンクカード」を発行しました。SBPSは「アクワイアラー」としての実績をもとに「銀聯カード」でも加盟店審査を担い、お申し込みから審査・提供まで、信頼性の高いサービスをトータルで提供し、事業者さまが安心してビジネスを展開できる利便性の高いサービスを充実させていきます。

「UnionPay(銀聯)」について

銀聯ロゴ 「UnionPay(銀聯)」は2002 年3 月、中国の中央銀行である中国人民銀行が中心となり、政府主導で銀行間決済ネットワーク会社として設立されました。中国で最も普及している決済ブランドで、2015年の第1四半期には、「銀聯カード」の累計発行枚数は50億枚超、取扱金額は約1兆9000億ドルの実績となり、取扱金額が世界NO.1のシェアになりました。

観光庁が発表した「訪日外国人消費動向調査」では、2015年4~6月期の訪日外国人全体の訪日外客数は501万人(前年同期比48.0%増加)、旅行消費額は8,887億円(前年同期比82.5%増加)と増加しており、その中でも、中国からの訪日外客者が旅行消費額のトップシェアで、3,581億円(構成比40.3%)を占めています。2020年の東京オリンピック開催に向けて、中国からの訪日旅行者は、さらに加速すると予想されます。今後、SBPSでは、実店舗とネット向けに総合的な「銀聯カード」決済サービスを提供することにより、高まる中国の訪日観光需要に対応し、インバウンドビジネスの支援に加え、ソフトバンクがO2Oビジネスで蓄積したノウハウを生かし、訪日外国人向けにさまざまなサービスを提供していきます。

「銀聯カード」での総合的な決済サービスの提供

SBPSのサービスを利用すると、実店舗とネット店舗の両方で簡単に「銀聯カード」決済サービスが導入できます。これにより事業者さまは、観光客の訪日前後でもインバウンド需要をネット店舗に取り込むことが可能です。

提供イメージ図

※メンバーシップライセンスの取得により、「銀聯カード」の取り扱いと加盟店契約業務を行うことが可能になります。

● 本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

会社概要

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

代表者 代表取締役社長 兼 CEO 今井 康之
所在地 東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル25階
事業内容 決済サービス、集金代行および企業の計算事務代行
情報・システム提供サービス
URL http://www.sbpayment.co.jp/

「決済サービス」に関するお問い合わせ

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

Tel 03-6889-2131(平日 9:30~17:30)
フォーム https://www.sbpayment.jp/contact/

本件に関する報道機関からのお問い合わせ

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社 広報担当

Tel 03-6889-2131(平日 9:30~17:30)
E-mail press@sbpayment.jp