MENU

決済代行・クレジットカード決済サービスTOP > 導入サポート > ECお役立ち情報 > クレジットカード決済とは > ECサイトで導入される各種決済手段の特徴とクレジットカード決済導入の必要性

更新日:2018/03/30

ECサイトで導入される各種決済手段の特徴とクレジットカード決済導入の必要性

近年、決済代行会社は様々な決済手段を提供しています。EC事業者さまは、お客さまに便利にECサイトをご利用いただくために、お客さまニーズに合わせた決済手段のご導入が必要です。

当コラムでは、これから決済手段をご導入なさるEC事業者さま向けに、各決済手段の特徴と、クレジットカード決済ご導入の必要性をご説明いたします。

ECサイトで導入される代表的な決済手段

ECサイトで利用されている代表的な決済手段には、クレジットカード決済、コンビニ決済、キャリア決済、Pay-easy(ペイジー)、電子マネー決済、ウォレット決済、Apple Payがあります。

クレジットカード決済

お客さまのクレジットカード情報をECサイトにご入力いただいて決済する方法です。近年、身近な決済手段として多くのお客さまがご利用なさっていることから、最も優先的にご導入いただくべき決済手段です。

コンビニ決済

全国のコンビニエンスストアで、ECサイト上で払い出された注文番号を利用してお支払いいただける決済手段です。

数ある決済手段の中でも、とても簡単にお支払いいただけますので、クレジットカードをお持ちではない若年層のお客さまが多くご利用されるECサイトであれば、コンビニ決済のご導入は非常に有用です。

キャリア決済

携帯キャリアの本人認証を利用してお支払いいただける決済手段です。ECサイトの商品代金を携帯電話料金と合算してお支払いいただくことが可能です。若年層のお客さまが多いECサイトや、スマートフォンからのアクセスが多いECサイトへのご導入をおすすめいたします。

当社では、「ソフトバンクまとめて支払い」「ドコモ払い」「auかんたん決済」の3キャリアをご提供しております。

Pay-easy(ペイジー)

金融機関のATMやインターネットバンキングをご利用してお支払いいただける決済手段です。ECサイトでのご購入手続き後の画面に表示される確認番号などを、ATMやインターネットバンキングにご入力いただくことで、商品代金をお支払いいただけます。

電子マネー決済

楽天EdyやモバイルSuicaなど、普段は駅やコンビニエンスストアなどで広く普及している電子マネーでお支払いいただける決済手段です。

お客さまにIDやパスワードをご入力をいただかなくても、チャージされた電子マネーで簡単にお支払いいただけます。例えば、お客さまが楽天Edyをご利用の場合、PC端末のFeliCaポートに楽天Edyカードやおサイフケータイをかざすだけでお支払いが完了します。

ウォレット決済

会員さま向けサービスのIDとパスワードによって本人認証を行う決済手段です。クレジットカード決済のように10桁以上の数字をご入力いただくことなく簡単に決済することが可能です。また、決済時に会員向けサービス内で貯まったポイントをご利用いただけるため、お客さまにとってもメリットがあります。近年では、「Yahoo!ウォレット決済」「楽天ペイ(オンライン決済)」「リクルートかんたん支払い」「LINE Pay」「ペイパル」など、様々なウォレット決済が提供されています。

Apple Pay

日本で非常に人気のあるiPhoneやiPadなどの指紋認証機能により本人認証を行う決済手段です。ワンタッチで簡単に本人認証を完了させて決済することが出来できるため、お客さまの「カゴ落ち」を防ぎ、ECサイトの購入率改善に貢献します。

まずはクレジットカード決済のご導入がおすすめ

ECサイトでのお支払い時に、お客さまが最もご利用になる決済手段はクレジットカード決済です。

平成28年通信利用動向調査報告書(世帯編)によると、「インターネットで購入・取引する場合の決済方法」という設問では、クレジットカード払いが63.0%と最も高いポイントを獲得しており、お客さまにとって身近な決済手段であることがわかります。

(出典:総務省「平成28年通信利用動向調査報告書(世帯編)」P37より)

また、一般社団法人日本クレジット協会が公表しているクレジットカードショッピング・ショッピングクレジット統計一覧によると、平成28年のクレジットカードの契約数は24,619万件です。平成25年から年々契約数が増加傾向にあり、今後もさらなる普及が予想されます。

(単位:社、万件、%)
  対象社数 契約者数 前年比
平成25年
12月末
(2013)
309 23,502 -
平成26年
12月末
(2014)
300 23,755 1.1
平成27年
12月末
(2015)
294 24,040 1.2
平成28年
12月末
(2016)
289 24,619 2.4

(出典:一般社団法人日本クレジット協会「クレジットカードショッピング・ショッピングクレジット統計一覧」の「2.クレジットカード契約数」より)

クレジットカード決済のメリット

クレジットカード決済のご導入によって、お客さまとEC事業者さまはそれぞれ、以下のメリットを得られます。詳細は「お客さまとEC事業者さまがWin-Winに!クレジットカード決済のメリット・デメリットとは」をご確認ください。

お客さま EC事業者さま
  • 手持ちの現金が少なくても、商品の購入ができる
  • インターネット上で簡単に決済ができる
  • 支払手数料がかからない
  • ポイントが貯まる
  • 販売機会の拡大
  • 販売単価の向上
  • お客さま満足度の向上
  • 集金・請求処理などのコストの低減
  • 定期契約の継続率向上

複数の決済手段をご導入いただける決済代行サービス

ECサイトの利便性向上をお考えなのであれば、クレジットカード決済以外の決済手段についてもご検討ください。決済手段の選択肢を広げることは、お客さまの満足度を高めるとともに、新規のお客さまを獲得することにもつながります。

当社では、決済手段のご導入によって生じるご負担を最小限にできるよう、多くのEC事業者さまをご支援してまいりました。ご導入を検討なさっている事業者さまは、ぜひ一度お問い合わせください。

Apple Payを利用するにはiOS 10.1以降が必要です。Apple Payに対応しているデバイスについては https://support.apple.com/ja-jp/KM207105をご覧ください。

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、iPad、iPhone、Mac、SafariはApple Inc.の商標です。

iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。

Apple Payの詳細は(https://www.apple.com/jp/apple-pay/)をご確認ください。

関連コラム記事


SBペイメントサービスがお届けするおすすめコンテンツ

お問い合わせ