クレジットカード決済の導入方法は?費用やメリットも解説

数ある決済サービスの中で、最も多くの方に利用されているのがクレジットカード決済です。近年は、QRコード決済をはじめとするキャッシュレス決済の利用者が増えていますが、クレジットカード決済はキャッシュレス決済の中でも、最も利用者の多い決済手段となっています。
それだけ多くの方にクレジットカード決済が利用されているのは、事業者さまにとってもお客さまにとっても、大きなメリットを持つ決済手段だからです。ここでは、クレジットカード決済の導入方法や導入費用のほか、導入するメリットなどについて解説します。

目次

クレジットカード決済は、クレジットカードを用いて決済すること

クレジットカード決済とは、お客さまが保有するクレジットカードを用いて決済することです。「クレジット」とは「信用」を意味する言葉で、クレジットカード保有者(お客さま)の信用をもとに、買い物や公共料金などの代金を、クレジットカード会社が立て替える支払い方法となります。

事業者さまにとってのクレジットカード決済のメリット

クレジットカード決済は、キャッシュレス決済の中で最も利用者が多い決済方法です。そのため、事業者さまにとっては、導入することで販売機会が増えるメリットがあります。
また、クレジットカード決済は、高額の買い物に使われることが多いため、導入することで高額商品の販売が見込めることもメリットです。

お客さまにとってのクレジットカード決済のメリット

クレジットカード決済はキャッシュレス決済のひとつです。現金を持っていなくても買い物ができるため、お客さまにとっては高額な現金を持ち歩く必要がなく、セキュリティ面での安心感があります。
また、多くのクレジットカードは、買い物をするたびにポイントを貯められるため、現金よりもお得に買い物ができるといえます。
クレジットカードで高額な支払いをする際は、分割払いなども可能です。支払い方法の種類が多いことも、クレジットカードを利用するメリットといえます。

クレジットカード決済については、以下の記事で詳しく説明しております。
クレジットカード決済とは?その仕組みとメリットについて | SBペイメントサービス

クレジットカード決済の導入方法

事業者さまが、ECサイトにクレジットカード決済を導入するには、大きく分けて「直接契約」と「決済代行会社」という2つの方法があります。ここでは、それぞれの違いとメリット、デメリットについて説明します。

クレジットカード会社との直接契約

直接契約とは、事業者さまがご自身でクレジットカードブランドを取り扱うクレジットカード会社に問い合わせ、契約を結ぶ導入方法です。
クレジットカード会社との直接契約には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

<クレジットカード会社と直接契約するメリット>

・手数料をおさえられる
クレジットカード会社と直接契約するため、決済代行会社を利用するよりも、手数料を安くおさえることができます。

<クレジットカード会社と直接契約するデメリット>

・手間がかかる
事業者さまが各クレジットカード会社と個別にやりとりをする必要があるため、契約する会社の数だけ手間がかかります。

・審査が厳しい
クレジットカード会社と直接契約を結ぶ場合、クレジットカード会社の審査を通過しなければなりません。
クレジットカード会社の審査は、非常に厳しく時間がかかります。事業者さまの事業内容や経営状態などもチェックされるので、場合によっては審査に通過できないことも考えられます。

・決済システムの開発や運用にコストがかかる
クレジットカード決済のシステムには高いセキュリティが求められるうえ、クレジットカード会社ごとに求められる仕様が異なるため、開発や運用にはコストがかかります。

・入金タイミングがクレジットカード会社によって異なる
入金タイミングは、クレジットカード会社ごとに異なります。入金されたタイミングで事務処理を行う場合、クレジットカード会社の数だけ作業が必要です。

このように、クレジットカード会社との直接契約は手間やコストがかかり、審査も厳しいという特徴があります。

決済代行会社を利用した契約

クレジットカード決済を導入する際に、決済代行会社を利用することも可能です。決済代行会社にクレジットカード決済の導入を依頼すると、決済代行会社が事業者さまに代わって各クレジットカード会社との契約を進めます。

決済代行会社を利用してクレジットカード会社と契約する場合、以下のようなメリットとデメリットがあります。

<決済代行会社を利用して契約するメリット>

・手間が少ない
決済代行会社を利用する場合、事業者さまが複数のクレジットカード会社と直接やりとりする必要はありません。事業者さまは決済代行会社1社とだけやりとりすればいいので、直接契約で発生していた手間が大きく軽減可能です。
また、割賦法に基づくクレジットカード番号等の非保持化対応や、審査などの煩雑な手続きについても、決済代行会社が事業者さまの代わりに進めます。結果的に、クレジットカード決済導入までにかかる期間も、直接契約より決済代行会社を使ったほうが早くなるといえるでしょう。

・セキュリティ性が高い
決済代行会社を使うことで、セキュリティに関しても大きなメリットがあります。決済代行会社は高度なセキュリティ対策が施された決済システムを提供しますので、事業者さまは自社で多大なコストをかけて決済システムを開発する必要がありません。

・入金タイミングをそろえられる
決済代行会社を使うと、導入後にもメリットがあります。それは、入金タイミングをそろえられることです。直接契約ではクレジットカード会社ごとに入金日が異なってしまいますが、決済代行会社を使うことで、まとめて入金してもらえるようになります。経理処理の手間も削減できるのは大きなメリットといえます。

<決済代行会社を利用して契約するデメリット>

・手数料や利用料などが必要
決済代行会社を利用する場合、手数料や利用料などを支払う必要があります。金額は決済代行会社や決済金額によって異なります。

このように、決済代行会社を利用することで、直接契約で発生する手間やコストを削減することが可能です。

クレジットカード決済導入の流れ

ここからは、具体的にクレジットカード決済を導入する際の具体的な流れについて解説します。クレジットカード会社と直接契約する場合と、決済代行会社を利用する方法に分けて確認していきましょう。

クレジットカード会社と直接契約する際の流れ

クレジットカード会社と直接契約をする場合、まず、クレジットカードのブランドごとに問い合わせて申込みを行います。その後、審査に通過したら決済システムの開発を行い、サービス開始となります。

直接契約では、この一連の作業が導入したいクレジットカードブランドすべてに必要です。また、導入後は売上管理や、場合によっては返金処理、トラブル対応などを行うことになります。直接契約の場合は、こうした処理も事業者さまご自身で対応する必要があります。


決済代行会社を利用してクレジットカード会社と契約する際の流れ

決済代行会社を利用してクレジットカード決済を導入する場合、まず、事業者さまは決済代行会社に問い合わせを行い、決済代行会社からヒアリングを受けます。このヒアリングで確認するのは、決済システムの開発要件の確認のほか、審査やお見積りに必要な導入予定サービスの情報などです。

ヒアリング後、決済代行会社が事業者さまの代わりにクレジットカード会社に申込みをします。次は、審査と決済システムの開発です。審査と決済システムの開発は、一般的に決済代行会社が事業者さまに代わって行います。審査に通過し、決済システムの導入を経てシステムの接続を行ったらサービス開始が可能です。

利用したいクレジットカードブランドが何社あっても、決済代行会社を使う限り、手続きは1回で済みます。また、クレジットカード決済以外の決済サービスについても、決済代行会社を使う場合は一括で導入が可能です。

クレジットカード会社と直接契約する場合と、決済代行会社を利用して契約する場合をまとめると、以下の図のようになります。

クレジットカード決済代行会社の選び方

クレジットカード決済で決済代行会社を利用する場合、どのような点に着目して選べばいいのでしょうか。ここでは、決済代行会社を選ぶためのポイントをご紹介します。

費用

決済代行会社を選ぶ際にまず注目したいのは、費用です。もちろん、費用は安いに越したことはありませんが、安かろう悪かろうでは意味がありません。費用対効果を意識したうえで検討しましょう。

入金サイクル

入金サイクルも、決済代行会社を選ぶ際の重要なポイントです。入金サイクルは決済代行会社によって異なり、月に1回のところもあれば、最短で翌日というところもあります。事業者さまのほうで入金までのサイクルを選択できる決済代行会社もあります。どんなタイミングや期間で入金してほしいのかを考えて選びましょう。

取り扱っているクレジットカードブランドの数

決済代行会社を選ぶ際には、取り扱っているクレジットカードブランドの数も確認しましょう。クレジットカード決済にはさまざまなカードブランドがありますが、決済代行会社によって取り扱いは異なります。できるだけ多くのカードブランドに対応できるのが理想です。

セキュリティ

セキュリティは、決済代行会社を選ぶ際の最も重要なポイントといえます。決済システムは事業者さまとお客さまのお金に関する処理を行う重要なシステムです。できるだけ高度なセキュリティ対策を行っている決済代行会社を選びましょう。

実績

決済代行会社を選ぶ際に、忘れずに確認したいのが実績です。決済代行会社のWebサイトには、導入事例などが掲載されていることが多いので、これまでの実績をしっかりと確認しましょう。

クレジットカード決済にかかる費用

事業者さまがクレジットカード決済に対応される場合、ある程度の費用がかかります。具体的に、どのような費用がかかるのかを見ていきましょう。

初期費用

クレジットカード決済を始める際には、初期費用がかかります。これは、1回だけの請求となります。

月額費用

月額費用は、クレジットカード決済を利用するうえで毎月発生する固定費です。

決済手数料

クレジットカードによる決済には手数料がかかります。クレジットカード会社や決済代行会社などに支払います。

決済サービス利用料

決済金額に応じた決済サービス利用料を、決済代行会社に支払います。

トランザクション費用

サーバでの決済処理には、トランザクション費用がかかります。これは、決済代行会社に支払います。
クレジットカード決済の導入にかかる費用については、以下の記事で詳しく説明しております。
クレジット決済の導入にかかる費用とは?導入メリットと併せて解説 | SBペイメントサービス

SBペイメントサービスが選ばれる理由

クレジットカード決済は、キャッシュレス決済の中で最も高いシェアを持つ決済手段であり、ECサイトを運営する際には、必ず導入しておきたい決済サービスです。クレジットカード決済を導入することで、販売機会の拡大など、ビジネスへの好影響も期待できるでしょう。
クレジットカード決済を導入する際には、直接契約と決済代行会社を使う方法があります。おすすめは、煩雑な手続きが一度で済むなど、さまざまなメリットがある決済代行会社を利用することです。

SBペイメントサービスは、Visa、Mastercard、UnionPay(銀聯)の国際ブランドライセンスを保有し、審査から決済サービスまでをワンストップで提供できる決済代行会社です。年間4兆円に上る金額をトラブルなく処理する高度な決済システムや、高度なセキュリティをご提供します。
クレジットカード決済の導入をご検討の際は、ぜひSBペイメントサービスにご相談ください。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

決済代行なら
SBペイメントサービス

幅広い事業領域における総合提案と選ばれ続ける安心の実績
ニーズにお応えする30種以上の豊富な決済サービス

国際ブランドメンバーの信頼性と万全の
セキュリティー&サポート


TOP