MENU

更新日:2020/08/27

アクワイアラとは?その仕組みと役割を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

クレジットカード決済導入をご検討なさっている事業者さまでも、アクワイアラをご存じの方は多くありません。当コラムでは、クレジットカード決済導入時に知っておくべきアクワイアラの役割とカード業界の仕組みについて解説いたします。

目次

アクワイアラは加盟店契約会社

アクワイアラ(Acquirer)は、英語で「得る者・獲得する者」という意味ですが、カード業界では「加盟店契約会社」のことを指します。アクワイアラは、国際ブランドであるVisaやMasterCardなどからライセンスを取得し、加盟店の開拓や審査、管理をする機関です。ここでいう加盟店は、クレジットカードやプリペイドカードなどの決済システムを導入した店舗のことになります。
まずは、アクワイアラの仕組みについて確認していきましょう。

アクワイアラは売上金を立て替えている

アクワイアラは、契約している加盟店と、クレジットカード会社および国際ブランドの間を取り持つ会社になります。アクワイアラによって、クレジットカード決済での売上がスムーズに加盟店に入金されます。
アクワイアラから加盟店へ売上金を立て替えて入金するので、加盟店は自ら発行会社やお客さまに対して請求をする必要はありません。割賦販売法では、アクワイアラは「立替払取次業者」と定義されています。

複数のブランドを取り扱うアクワイアラもある

アクワイアラは、契約している加盟店と、クレジットカード会社および国際ブランドの間を取り持つ会社になります。アクワイアラによって、複数の国際ブランドと連携しているアクワイアラもあります。各クレジットカードのアクワイアラと、それぞれ契約を結ばなくても、複数のカードをまとめて導入することが可能です。
なお、アクワイアラは世界中に存在しますが、国際ルールではアクワイアラと加盟店が同一国でなければならないとされています。そのため、日本でクレジットカード決済を導入する場合は、日本法人のアクワイアラと契約を結ぶことになります。

クレジットカード業界4つのポジション

クレジットカード業界では、以下の4つのポジションが重要な役割を担っています。

アクワイアラ 加盟店の開拓、審査、管理をする会社(国際ブランドと加盟店を取り次ぐ)
イシュア クレジットカードの発行会社(国際ブランドとお客さまを取り次ぐ)
国際ブランド 世界中で利用できる決済システムを提供するクレジットカード会社(Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club International、銀聯、Discoverなど)
決済代行会社 加盟店の審査や契約手続き、売上入金管理などを代行する会社

アクワイアラと決済代行会社の違い

決済代行会社は、加盟店の審査や契約手続き、売上入金管理などを代行します。決済代行会社の中には、アクワイアラの役割を兼ねているケースもあります。
その場合は、クレジットカード決済導入の申し込みや審査までをワンストップで行うことができるため、決済サービス提供までの時間を短縮することができます。

アクワイアラとイシュアの違い

アクワイアラは前述したとおり、加盟店とブランドのあいだを取り持ち、加盟店の募集と管理を行います。イシュアはお客さまとブランドのあいだを取り持つ役割があり、クレジットカード発行を担当しています。
ただし、アクワイアラとイシュアの役割を分けているケースは少なく、大半の会社が両方の業務を兼任しています。

アクワイアラ3つの役割

アクワイアラの役割は大きく分けて3つあります。それぞれ具体的に解説していきましょう。

1.加盟店を増やす

アクワイアラは、クレジットカードが使用できる加盟店を集め、増やしていく役割を担っています。国際ブランドを利用するためには、事業者さまは加盟店契約を結ばないと利用できません。そのため、クレジットカードを導入したいと検討している事業者さまは、アクワイアラと契約を結ぶことになります。

2.加盟店を審査する

アクワイアラには、加盟店を慎重に審査する役割があります。取り扱っている商品やサービスがクレジットカードでの販売に向いているかなどを審査します。契約締結後に、加盟店の管理も行います。

3.支払いを取り次ぐ

イシュアは、お客さま(カード会員)から支払い料金を回収しますが、加盟店と契約を結んでいないため、そのままではお支払いができません。そこで、加盟店と契約を結んでいるアクワイアラが支払い料金を取り次ぎ、アクワイアラが責任を持って加盟店にお支払いします。

どの国際ブランドを利用するか

事業者さまがクレジットカードを導入する際は、どの国際ブランドを利用できるようにすべきか、よく検討しましょう。中でもVisa、MasterCard、JCB、American Express(アメリカン・エキスプレス、アメックス)、Diners Club International(ダイナースクラブ)、銀聯、Discoverの7大国際ブランドを押さえておけば、多くの顧客のニーズに応えることができるでしょう。
加盟店は複数のアクワイアラと契約することができますが、契約数が多くなればなるほど管理や経理処理に手間がかかってしまいます。そのため、複数の国際ブランドを扱うアクワイアラや複数のアクワイアラとの契約・管理を代行する決済代行会社と契約を結ぶことで、まとめてクレジットカード決済を導入することをおすすめします。

SBペイメントサービスが選ばれる理由

当社は2011年にVisa、MasterCard、2015年にUnionPay(銀聯)の国際ブランドライセンスを取得し「アクワイアラ」というカード会社の立場として、事業者さまや他の決済代行事業者さまの包括加盟店審査を行っております。
審査から決済サービスのご提供までをワンストップで行えますので、決済を含めた新規ビジネスの展開も柔軟にご支援させていただきます。

クレジットカード決済はVisa、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club International、Discoverといった国際ブランドに対応しております。また、中国の銀聯カードに対応した「銀聯ネット決済」もご提供しております。そのため、複数ブランドのクレジットカードを導入したいという事業者さまは、当社を通していただければまとめて導入・管理していただくことが可能です。クレジットカード決済以外にもキャリア決済やコンビニ決済、電子マネー決済、QRコード決済など、幅広い決済手段に対応しておりますので、ご契約後は柔軟に決済を拡張していただくことができます。


上述のとおり、当社のサービスでは多くのメリットを事業者さまにご提供いたします。 ご導入を検討なさっている場合は、ぜひ一度お問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
資料ダウンロード

人気の記事

関連コラム記事


SBペイメントサービスがお届けするおすすめコンテンツ

お問い合わせ