ECプラットフォームとは?ECサイトを構築する方法を徹底比較

ECサイトを構築するECプラットフォームには、さまざまな種類があります。ECプラットフォームにはそれぞれに特徴があり、ECサイトの規模や方向性に合ったものを選ぶことが重要です。
ここでは、6種類のECプラットフォームの特徴を比較し、ECサイトを構築する際にどのように選べばいいのか解説します。

目次

ECプラットフォームとは、ECサイトを構築するソフトウェアやシステムのこと

ECプラットフォームとは、ECサイトを構築するためのベースとなるソフトウェアもしくはシステムのことです。そのほとんどはECサイトの構築だけではなく、運営機能も搭載しています。

一口にECプラットフォームといっても、その種類はさまざまです。大きく分けると、「ECモール」「インスタントEC」「ASP/SaaS」「クラウドEC」「オープンソース」「パッケージ」の6種類があります。
また、ECプラットフォームを利用せず、フルスクラッチでECサイトを構築することも可能です。

6種類のECプラットフォームの特徴

続いては、6種類のECプラットフォーム、それぞれの特徴を解説します。
なお、ECサイトを運営する際には、クレジットカード会社やオンライン決済会社などと契約しなければなりませんが、SBペイメントサービスをはじめとした決済代行会社を利用することで、審査や契約などの手間を削減することが可能です。
そこで、SBペイメントサービスと提携可能なECプラットフォームについても、併せてご紹介します。

ECモール

ECモールは、多数の企業やショップがオンライン上に集まったECプラットフォームです。ECモールは販売を始めやすく、集客しやすいというメリットがあります。
ECモールには、出品する形態の「マーケットプレイス型」(Amazonなど)と、出店する形態の「テナント型」(楽天市場やYahoo!ショッピングなど)があります。

インスタントEC

インスタントECは、無料でECサイトを開設できるECプラットフォームです。アカウントを作成すれば誰にでもすぐにECサイトを開設できます。機能やデザインにある程度の制限はありますが、個人でも手軽に始められるのがメリットです。
登録料や月額料金などは無料で、商品が売れたときのみ手数料が発生するサービスも多く普及しています。

<インスタントEC>

・BASE
BASEは、170万ショップのオーナーがECサイトを開設しているインスタントEC型のECプラットフォームです。初期費用や月額利用料金などが不要で、無料のデザインテーマを利用できるため、コストを抑えて簡単にECサイトを開設することができます。また、機能が豊富なので、さまざまなニーズに対応することが可能です。

・STORES
STORESは、毎月1万のECサイトが開設されている、インスタントEC型のECプラットフォームです。無料のフリープランと、有料のスタンダードプランが用意されています。Instagram連携、予約販売、定期販売、顧客管理、アクセス解析、電子チケット販売など、多彩な機能が利用可能です。

<SBペイメントサービスと連携可能なインスタントEC>

・shop by
shop byは、初心者でも簡単にECサイトを構築できるインスタントEC型のECプラットフォームです。初期費用や月額費用は不要で、充実した基本機能を使用することができます。デザインテンプレートが豊富で、食品や化粧品、アパレルなど、さまざなECサイトに利用されています。

shop byについては、以下のページで詳しく説明しております。
shop by | SBペイメントサービス

ASP/SaaS

ASP(Application Service Provider)は、クラウド上で提供されているソフトウェアを、インターネット経由で利用するECプラットフォームです。
ECサイト向けのASPは、ASPカート、ASPショッピングカートサービス、SaaS型のショッピングカート、SaaS型のECサイト構築プラットフォームなどと呼ばれます。ショッピングカート機能を中心に、商品管理機能や決済機能などを備えた、ECサイト向けのASPサービスが多数提供されています。

<SBペイメントサービスと連携可能なASP>

・Shopify
Shopifyは、世界中で利用されているASP型のECプラットフォームです。シンプルかつ合理的な設計なので管理やカスタマイズがしやすく、SNS連携やメールマーケティングなど、Shopifyの機能を拡張できるアプリも充実しています。さまざまな言語や通貨、海外発送に対応しているため、越境ECサイトを作ることも可能です。国内のコミュニティも増えており、情報を得やすい環境が整っています。

Shopifyについては、以下のページで詳しく説明しております。
Shopifyプランのご紹介 | SBペイメントサービス

・futureshop
futureshopは、フューチャーショップが提供するSaaS型のECプラットフォームです。自由度と集客力、拡張性の高さが特徴で、futureshopを利用している企業の10社に1社が年商1億円を突破しています。国内外のサードパーティーのサービスとの連携実績が多いため、新たにシステムを開発することなく、さまざまなサービスを利用できる点がEC事業者さまに好評です。

futureshopについては、以下のページで詳しく説明しております。
futureshop | SBペイメントサービス

・楽楽リピート
楽楽リピートは、定期販売や単品通販、リピート販売に特化したASP型のECプラットフォームです。初回限定価格の設定や、購入回数に応じた割引など、定期販売に便利な機能が充実しています。コスメやサプリメントを扱うECサイトで多く導入されており、豊富なノウハウを反映して開発されています。

楽楽リピートについては、以下のページで詳しく説明しております。
楽楽リピート | SBペイメントサービス

クラウドEC

クラウドECは、ECサイトの構築や運営をクラウド上で行うECプラットフォームです。ASPとの違いは、クラウドECのほうがデザインや機能のカスタマイズ性、拡張性が高いことです。カスタマイズすることにより、基幹システムとの連携や顧客管理が容易になるといった理由で、クラウドECが選ばれる場合も多いでしょう。
サーバーなどの自社インフラは必要なく、自動アップデートなどによって最新のシステムや機能を利用できるのも特徴です。
反面、クラウドECはASPよりも初期費用がかかります。それでも、パッケージよりは安価なので、ASPとパッケージの中間的なサービスともいえます。

<SBペイメントサービスと連携可能なクラウドEC>

・ebisumart
ebisumartは、豊富な標準機能を備えつつ、要望に合わせたデザインや機能のフルカスタマイズも可能なクラウドEC型のECプラットフォームです。新規構築や既存サイトのリプレイスはもちろん、O2Oやオムニチャネル、ショッピングモール型サイト構築など、さまざまなECサイトに対応しています。週1回の標準無料アップデートと要望が多い機能の順次標準化によりシステムの陳腐化を防ぎ、改修コストの抑制ができる点も評価されています。

ebisumartについては、以下のページで詳しく説明しております。
ebisumart | SBペイメントサービス

・w2ソリューション
w2ソリューションは、100%自社開発の多機能EC構築サービスを提供している、クラウドEC型のECプラットフォームです。食品の定期通販やオムニチャネルなど、目的に合わせたプランを選ぶことができます。また、マーケティング機能や顧客管理機能が充実しているため、効率的な運営をしながら売上向上を目指すことが可能です。

W2ソリューションについては、以下のページで詳しく説明しております。
w2ソリューション | SBペイメントサービス

・Commerce Cloud
Commerce Cloudは、SFA(営業管理システム)で知られるセールスフォース・ジャパンが提供するECプラットフォームです。顧客管理ツールと連携し、顧客一人ひとりに合ったサービスを提供することで、売上向上が期待できます。

オープンソース

オープンソースとは、無償で公開されているソースコードのことです。ECサイト関連のオープンソースは複数存在し、これをカスタマイズして利用すればコストを抑えてECサイトを構築することができます。
ただし、オープンソースは高度なプログラミングスキルが必要です。設定や開発を内製化するなら社内にIT人材が必要で、外部の制作会社に委託すればその分コストが増えます。また、サーバー管理やセキュリティ対策も自社で行う必要があります。

<SBペイメントサービスと連携可能なオープンソース>

・EC-CUBE
EC-CUBEは、「クラウド版」とサーバーに無料インストールできる「ダウンロード版」の2種類が用意されている、オープンソース型のECプラットフォームです。無料でありながら、すぐにショップを開店可能な基本機能が備わっており、800種以上のプラグインも用意されています。EC-CUBEに対応した制作会社に、ECサイトの構築を依頼することも可能です。

EC-CUBEについては、以下のページで詳しく説明しております。
EC-CUBE | SBペイメントサービス

・CS-Cart
CS-Cartは、3万5,000件以上のECサイトで採用され、13年以上の歴史を持つECサイト構築パッケージです。構築手法としてはオープンソースにあたりますが、無償提供はされていないため、CS-Cart本体を無断で使用することはできません。ただし、ソースコードは暗号化されていないので必要に応じて開発者が自由にカスタマイズできます。アドオン(プラグイン)システムにより、コアシステムに影響を与えることなく機能を追加できるのも特徴です。

CS-Cartについては、以下のページで詳しく説明しております。
CS-Cart | SBペイメントサービス

パッケージ

パッケージは、ECサイトの構築や運営のための機能があらかじめパッケージングされたECプラットフォームです。自社のサーバーにインストールすることでECサイトの構築が可能で、カスタマイズやシステムを連携することで各種機能を追加できます。また、ソースコードが開示されないため、セキュリティ強度も高いといえます。

ECプラットフォームを利用せずにECサイトの構築も可能

ここまで紹介したような、ECプラットフォームを利用せずにECサイトをゼロベースで構築していく方法を、「フルスクラッチ」といいます。

フルスクラッチは、ECサイトの構築方法としては最も大規模で、多くの費用と開発期間が必要です。システム開発は、自社もしくは外部のITベンダーが行い、サーバーなどのインフラは自社で用意することになります。そのため、自社の商品やブランド、ビジネスに合わせた独自のECサイトを構築したいというニーズに対応した方法といえます。

フルスクラッチでECサイトを構築する場合も、決済手段の提供が必要です。SBペイメントサービスを利用することで、クレジットカード会社やオンライン決済会社とのやりとりにかかる手間を削減することができます。

フルスクラッチのメリット、デメリットなどついては、以下のページで詳しく説明しております。
ECサイトをフルスクラッチで構築するメリットとデメリットとは?|決済代行のSBペイメントサービス

ECサイトの構築方法を比較

ここまで、6種類のECプラットフォームとフルスクラッチというECサイトの構築方法について解説しました。ECサイトの構築方法は、ビジネスや作りたいECサイトに合わせて選ぶことが重要です。

それぞれのECサイトの構築方法について、推奨するビジネス規模や費用、自由度についてまとめると、以下のようになります。

■ECサイトの構築方法

構築方法 ビジネス規模
(年商)
初期費用 月額費用 自由度
ECモール 幅広い事業者さまが利用 0円~ ~10万円 なし
インスタントEC ~1億円 0円~ 0円~ 低い
ASP ~10億円 0円~ 0円~ 低い
クラウドEC 1億~100億円 500万円 10万円~ 制限はあるが高い
オープンソース 1億円程度 0円 ~10万円 制限はあるが高い
パッケージ 1億~50億円 500万円~ 10万円~ 制限はあるが高い
フルスクラッチ 50億円~ 数千万円~ 数十万円~ 高い

SBペイメントサービスが選ばれる理由

ECプラットフォームは近年、多様化する傾向があります。企業や個人がインターネットを利用して商品をどのような形で売りたいのかを、マーケティングの方法やビジネスの規模を含めて考え、最適なものを選ぶことが重要です。

そして、ECサイトを開設する際には、決済手段の提供が欠かせません。SBペイメントサービスは、多くのECプラットフォームと連携可能な決済代行会社です。クレジットカード決済、キャリア決済、コンビニ決済、PayPay(オンライン決済)、LINE Payなど、豊富な決済手段を利用でき、万全なセキュリティ体制を整備しています。また、ビジネスに合わせた柔軟な課金方式が選べるため、さまざまなECサイトに対応することが可能です。
ECサイトを開設する際には、ぜひSBペイメントサービスの導入をご検討ください。

決済代行なら
SBペイメントサービス

幅広い事業領域における総合提案と選ばれ続ける安心の実績
ニーズにお応えする30種以上の豊富な決済サービス

国際ブランドメンバーの信頼性と万全の
セキュリティー&サポート


TOP