MENU

決済代行・クレジットカード決済サービスTOP > ECお役立ち情報 >  クレジットカード決済 > クレジット決済の導入にかかる費用とは?導入メリットと併せて解説

更新日:2019/06/18

クレジット決済の導入にかかる費用とは?導入メリットと併せて解説

クレジット決済の導入にかかる費用とは?導入メリットと併せて解説

クレジット決済は決済手段の中で最もメジャーな決済方法です。クレジット決済を導入する際にどのような費用がかかるか気になる事業者さまも少なくないでしょう。当コラムではクレジット決済導入にかかる費用とクレジット決済導入による事業者さまのメリットについて解説いたします。

クレジット決済とは

クレジット決済とは、カード発行会社が発行したクレジットカードの保有者であるお客さまの信用を基に商品やサービスの立替え払いを行い、後日お客さまがカード発行会社に代金をお支払いする決済手段です。一度に現金を用意することが難しい高額商品も手軽に購入することができます。

クレジット決済導入による事業者さまのメリット

お客さまにとっては手軽さと便利さが魅力のクレジット決済ですが、事業者さまにもメリットがあります。

顧客数の増加

クレジット決済1つ目のメリットが、顧客数の増加です。クレジット決済の導入がないECサイトの場合、商品やサービスを購入するためにわざわざ銀行で振り込みをしたり、コンビニ店頭で支払いをしたり、お客さまに手間がかかります。
その一方で、クレジット決済ができるECサイトの場合、すぐに購入手続きが完了するので、お客さまのお手間が少なくなるだけではなく、クレジットカードのポイントが貯まるというメリットもあるため、お客さまは積極的にクレジット決済ができるECサイトを選ぶことが考えられます。
そのため、クレジット決済を導入することで顧客数の増加が見込めます。

売上の拡大

クレジット決済2つ目のメリットが、売上の拡大です。高額商品を購入する際に、手元に現金がなくて、購入を断念するお客さまは少なくありません。そのため、クレジット決済であれば、現金を用意する必要がないため、お客さまが欲しいと思ったタイミングで商品やサービスが購入し易くなります。結果としてECサイトの売上を伸ばすことに繋がります。

ほかにも、代金未回収のリスクが軽減されたり、返品時の返金処理など管理業務の負担が軽減されたりするなど、クレジット決済を導入することで事業者さまにもさまざまなメリットがあります。

クレジット決済を導入する方法

クレジット決済を導入する場合、その方法は大きく2つに分かれます。

クレジットカード会社との直接契約

ひとつは、VISA、JCBなど、導入したいクレジットカードのブランドを管轄する会社と個別に契約し、クレジット決済を導入するという方法です。クレジットカード会社と直接契約を結ぶため、余計な手数料が掛からないのがメリットですが、一方で複数のクレジットカード会社の決済方法を導入するための手間や、管理する労力が増すというデメリットがあります。
決済代行会社を利用しない場合

決済代行会社の利用

もうひとつのクレジット決済導入方法は、決済代行会社を使う方法です。決済代行会社が各種決済サービスを扱う会社とのあいだに立ち、手続きを進めてくれるため、作業の手間や管理の煩雑さを軽減させられるのが最大のメリットです。また、複数のクレジット決済の売上入金管理がまとめられて、決済代行会社のシステム開発のみ行うだけでよく、手間を軽減することができます。
決済代行会社を利用した場合

クレジット決済導入にかかる費用

ここからは、クレジット決済を導入する際に発生する費用に関して、代表的なものを紹介していきます。

初期費用 決済サービスを導入いただく際に必要な費用となります。導入初月に1回の請求となります。
月額固定費 決済システムの利用費や運用に関わる毎月の固定費となります。
決済手数料 決済金額に応じて発生する費用で、決済サービスごとに決済機関(クレジットカード会社、コンビニエンスストアなど)へ支払う費用となります。
トランザクション費用 事業者さまと決済代行会社の間で行う決済処理のためにかかるデータ処理の手数料です。この手数料は1回の売上・取消処理ごとに費用が発生します。
その他費用 クレジットカード会社、決済代行会社によって、上記以外にも費用が発生する場合があります。

決済代行会社によって金額が異なる

上記で紹介した各種費用に関しては、クレジットカード会社や決済代行会社ごとに金額設定が異なっています。初期費用が安い代わりに月額費用が多めのところもあれば、月額費用は高めでも決済手数料が低めに設定されているなど、各社に特色があります。比較・検討して、EC事業者さまの運用スタイルとマッチするところを選んでください。
お客さまにかかる手数料、クレジット決済導入における規約違反について、詳しく知りたい方はコラム「クレジットカードの手数料について」をご参照ください。

クレジット決済のメリット・デメリットを理解して、導入を検討しよう

クレジット決済の導入は、顧客の増加や取引単価の増加などのメリットがある一方、システム利用に関する費用が必要になります。その分の支出をしっかりと回収できる見込みがあるのか、十分に検討した上で導入したほうが良いでしょう。
導入の際も、サービスを提供している各社で金額設定などが異なりますので、それらを比較・検討することも大切です。

SBペイメントサービスの強み

当社のクレジット決済は、6大国際ブランドと呼ばれるVisa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club International、Discoverに加え、中国最大のブランドであるUnionPay(銀聯)にも対応しています。
また、当社は決済代行会社でありながら、VISA、MasterCard、銀聯の加盟店審査を行えるクレジットカード加盟店契約会社(アクワイアラ)という立ち位置も有しております。審査から決済サービスのご提供までをワンストップで行えますので、決済を含めた新規ビジネスの展開も柔軟にご支援させていただきます。

クレジット決済の導入をご検討のEC事業者さまは、ぜひ一度当社までお問い合わせください。

関連コラム記事


SBペイメントサービスがお届けするおすすめコンテンツ