決済代行の手数料とは?必要費用や決済代行会社を選ぶポイントを解説

更新日:

ECサイトにクレジットカード決済やコンビニ決済などを導入される際に、一括で決済機関等と契約を行ってくれる決済代行会社はEC事業者さまにとって大きな助けとなります。一方で、決済代行にかかる手数料をしっかりと理解しておかなければ、導入後に想定外の経費になる可能性もあります。当コラムでは、決済代行の手数料の種類や、決済代行会社を選ぶ際のポイントをご紹介いたします。

目次

▼決済代行について詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

決済代行とは?決済代行サービスの仕組みとメリットを徹底解説

決済代行会社の仕組みや、EC事業者さまがご利用されるメリットを解説いたします。

決済代行にかかる手数料の種類

決済代行サービスにかかる主な手数料の内訳は、初期費用・月額費用、決済手数料、決済サービス利用料、トランザクション費用となります。
では、主な手数料の種類と、その内容を具体的にご紹介いたします。

初期費用

ECサイトに決済システムを導入するには、決済機関の審査やECサイト専用の決済環境の構築がまず必要となります。これらの最初に必要な手続きやシステム開発の代行手数料として初期費用を決済代行会社にお支払いいただきます。

月額費用

月額費用は、決済システムの利用費や運用に関わる費用などで、導入をした決済手段の利用件数や利用有無にかかわらず毎月固定で発生するものとなります。

決済手数料

決済手数料は決済金額に応じて発生し、決済代行会社経由で決済機関(クレジットカード会社やコンビニエンスストア等)に支払われる費用となります。手数料の金額は、決済サービスごとに異なるだけでなく、EC事業者さまの業種業態、取扱い商材、取扱高などによっても異なります。

トランザクション費用

決済を行うには、ECサイトから送信されたデータに基づき決済代行会社が決済処理を行う必要があります。その処理にかかる手数料がトランザクション費用です。この手数料は、1回の処理毎に数円〜数十円単位でかかります。

振込手数料

決済代行会社を利用した場合、決済された売上を指定口座への振り込みには、振込手数料がかかります。売上が発生するたびに振り込むと手間、手数料がかかるため、売上はまとめて入金されるケースが多いです。決済代行会社によっては、1ヵ月で2回以上入金することも可能です。

振込手数料が無料で利用できる決済代行会社もありますが、多くは振込金額や振込件数、振込の頻度などによって異なります。そのため、運営しているECサイトの決済のタイミングや金額などを踏まえて、振込手数料をできるだけ抑えられる決済代行会社を選ぶことをおすすめします。

取り消し処理手数料

取り消し処理手数料は、決済処理を取り消す際に発生します。決済処理を取り消す方法は決済代行会社ごとに異なりますが、決済システムの返金手続きや、過去に処理された決済に対しての取り消し処理の成功時に、取り消し処理手数料が必要です。

取り消し処理手数料は1件ごとにかかるため、決済後の取り消しが多ければ多いほどコストも高くついてしまいます。決済後の取り消しが多く発生することはまれではありますが、取り消し処理手数料を把握しておくことも大切です。


手数料・サービス面から決済代行会社を選ぶポイント

決済代行にかかる手数料の設定は、決済代行会社によって異なります。初期費用や月額費用がなくコストを抑えたサービスを提供する会社や、費用は生じるもののサービスを手厚く充実させている会社など、それぞれに強みがあります。ここからは、EC事業者さまが決済代行会社を選ぶ際に、是非ご確認いただきたいポイントについてご説明いたします。

各社見積りをとって手数料・サービスを比較する

決済代行会社によって手数料は異なります。そのため、EC事業者さまの希望する決済手段や事業内容をしっかりとお伝えいただいた上で各社見積りを作成してもらうようにしましょう。また費用面は比較する上で大きなポイントですが、単に費用が安いというだけで選んでしまうと、想定していた機能やサービスが得られないということもありますので契約前にしっかりとサービス内容を比較・検討されることが重要です。

実績があり、信頼できる決済代行会社かどうかを確認する

決済代行会社を選ぶ際は、導入実績が豊富で、有名企業などへの導入事例があるかどうかを公式サイトなどから確認してみてください。事業者さま向けの資料に記載されている場合もあるため、資料を請求するのもいいでしょう。せっかく導入しても、システムトラブルが頻繁に発生したり、正しく売上が振り込まれなかったりすると、それだけ手間も時間もかかってしまうため、実績が豊富でトラブルが発生するリスクの少ない決済代行会社を選ぶことが重要です。

また、信用できる決済代行会社を利用するためには、セキュリティ面でも万全かどうか確認しましょう。セキュリティについても、公式サイトや資料などで確認できます。常に最新のセキュリティサービスを提供できるよう改善に努めている決済代行会社なら、より安心して売上管理を任せることができます。

対応している決済方法を確認する

どのような決済方法に対応しているのかも、決済代行会社選びでは着目すべきポイントです。運営するECサイトの客層に適した決済方法を用意していなければ、カゴ落ち率やECサイトからの離脱率も増加してしまいます。取り扱っている決済方法は決済代行会社によって異なるため、その決済代行会社が希望の決済方法に対応しているのかどうかを必ず確認しましょう。クレジットカード決済については、対応している国際ブランドが限られるケースもあるため、ブランドの種類も確認します。

また、ECサイトに新しい決済方法を追加する可能性がある場合は、その決済方法にも対応している決済代行会社を選んでおけば、別の決済代行会社と追加で契約したり、利用する会社を切り替えたりする手間を省けます。

利用したいECカートシステムに対応しているかどうかを確認する

導入を検討している決済代行会社が、利用したいECカートシステムに対応しているかどうかも確認しましょう。ECカートとはECサイトでユーザーが買い物をするために利用するソフトウェアのことで、商品をカートに入れて購入手続きを行い、決済するまでの注文処理において必要なものです。運営するECサイトのECカートシステムに対応している決済代行会社と契約して、導入する必要があります。

オプションサービスを確認する

決済代行会社の中には、さまざまなオプションサービスを提供している会社があります。会社ごとに無償・有償は異なりますが、下記はオプションサービスの一例となります。

  • ・継続課金
  • ・クレジットカード洗替サービス
  • ・3Dセキュア
  • ・早期複数回入金オプション

オプションサービスを利用することで、EC事業者さまの売上増加や業務効率の改善が図れることもありますので、どういったオプションがあるかなども決済代行会社を選ぶ際には比較のポイントとすると良いでしょう。オプションサービスを利用することで、EC事業者さまの売上増加や業務効率の改善が図れることもありますので、>

【マンガで解説】決済代行会社とは?サービスの仕組みとメリット|SBペイメントサービス

決済代行会社の仕組みや、EC事業者さまがご利用されるメリットを解説いたします。


SBペイメントサービスが選ばれる理由

当社では決済サービス以外にも、EC事業者さまのビジネス拡大をご支援するさまざまなサービスをご提供しております。今回は当社が独自でご提供しているセキュリティサービスについてご紹介いたします。

豊富な実績と万全のセキュリティ体制

SBペイメントサービスは、生活雑貨や食品、チケットなどの物販業界はもちろん、オンラインゲームや会員費の徴収など、多様なEC事業者さまに決済サービスを提供しています。2021年度の取扱高は5兆3,027億円と大規模トランザクションを処理しており、豊富な実績のもと安心してご利用いただくことが可能です。
また、国際的セキュリティ基準「PCI DSS」の「完全準拠認定」を取得するなど、常に安心してご利用いただけるよう、万全のセキュリティ体制をご用意しています。

幅広い決済方法に対応

SBペイメントサービスは、お客様のニーズにお応えできるよう、幅広い決済方法に対応しています。ECサイトでは必要不可欠なクレジットカード決済などの「オンライン決済」をはじめ、店舗や訪問販売などの対面販売でもクレジットカード決済や電子マネー決済、QRコード決済を利用できる「店舗向け決済サービス」もご用意しています。

また、越境ECサイトに必須の国際決済や、月謝や会員費の決済に利用できる継続課金などにも対応。API型の接続方式ではEC事業者さまのサイトに合わせて決済画面を変更することも可能です。

さまざまなECカートシステムに対応

通常、決済代行サービスを導入するには、ECカートシステムに合わせたシステム開発が必要です。しかし、利用したいECカートシステムに対応している決済代行会社と契約すれば、システム開発不要で簡単に導入することができます。

SBペイメントサービスは、さまざまなECカートパッケージと併せてご利用いただける決済代行サービスです。Shopifyやフューチャーショップ、w2ソリューションといった代表的なECカートシステムにも対応しています。

AI不正検知

AI不正検知の概要図

近年増加している不正使用対策の一環として、当社ではECサイトにおける不正使用を未然に防ぐ「AI不正検知」をご提供いたします。過去の不正パターンを機械学習し、ユーザーがクレジットカード決済を行うタイミングで当該決済の不正利用のリスクをスコアとして算出します。事業者さまは、リアルタイムにスコアを把握することにより、不正な取引の早期発見が可能です。無償でご利用いただけるフリープランに始まり、お客さまのご要望に合わせてカスタマイズできるプランもご用意しております。

フリープラン
  • 決済情報および振る舞いにより、リアルタイムにスコアを返却します。スコアは、専用画面にて決済ごとに確認いただけます。
スタンダードプラン
  • 上記のフリープランの内容に加えて、事業者さまがスコアリング後の当該取引の提供可否や取扱いを設定できるルール判定の機能を提供します。(当社の推奨ルールをご利用いただけます(値の変更は可))予めルール判定に必要なルールを作成・設定しておくことで、決済ごとにルール判定の結果を得ることが可能です。
アドバンスプラン
  • 上記のスタンダードプランの内容に加えて、事業者さま独自のルールを作成・設定できます。また、ルール判定の設定において、本人認証サービス(3Dセキュア)の認証を追加できる機能をご利用いただけます。

当社では上述にご説明しましたサービスの他にも、EC事業者さまのビジネスをご支援するサービスを豊富にご提供しておりますので、決済導入をご希望のEC事業者さまは是非一度お問い合わせください。
他のオプションはこちらもご参照ください:https://www.sbpayment.jp/service/method/

よくあるご質問

Q.
決済代行にかかる手数料の種類とは?
A.
決済代行にかかる費用は、『初期費用』、『月額費用』、『決済手数料』、『トランザクション費用』などがあります。
Q.
決済代行会社を選ぶポイントは?
A.
決済代行会社を選ぶポイントは、『利用料金』、『取扱決済手段の種類』、『セキュリティ体制』、『システムの安定性と柔軟性』、『サポートの充実性』が自社に合うかを確認することが大切です。

その他のご不明点はFAQ よくあるご質問をご確認ください。

決済代行なら
SBペイメントサービス

幅広い事業領域における総合提案と選ばれ続ける安心の実績
ニーズにお応えする30種以上の豊富な決済サービス

国際ブランドメンバーの信頼性と万全の
セキュリティー&サポート


TOP