MENU

トップ > サービス > オンライン決済サービス > クレジットカード決済

クレジットカード決済

5大国際ブランドに対応

クレジットカード決済とは

クレジットカード決済は、オンラインショッピングで最も利用されている決済手段です。
当社なら、さまざまな課金方式や接続方式をご用意しており、スタートアップから大規模な事業者さまでも高機能なクレジットカード決済システムを簡単にご導入いただけます。
また、近年多発しているクレジットカードの不正利用や情報漏えいについても、「本人認証サービス(3Dセキュア)」、「トークン機能」などをご用意しており、高度なセキュリティ対策のもとでクレジットカード決済をご利用いただけます。

増え続けるクレジットカード決済の需要

実店舗での商品購入からネットショップでの買い物時まで、クレジットカードを利用した決済が年々増加してきております。
購入者であるお客さまは勿論、店舗やネットショップの事業運営側(事業者さま)にも、クレジットカードの利便性がメリットであるため世間一般に広く普及して来ていると考えられます。お客さまはすぐに支払える現金がなくても商品を購入することが可能となり、「分割払い」や「リボ払い」などの支払回数の選択肢を事業者さまが用意することで、高単価な商材やサービスの販売機会の拡大も見込まれます。また、デジタルコンテンツなどの継続的な支払いが必要となるサービスの場合においても、クレジットカード決済を利用することで自動的に決済を完了させられるため、お客さまと事業者者さま双方にメリットがあります。

特長

主要5ブランドのクレジットカードに対応

5大国際ブランド(VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS, Diners Club International)に対応しており、主要なクレジットカードでの決済を受け付けることが可能です。*
また、中国の銀聯カードに対応した「銀聯ネット決済」もご提供しております。

*クレジットカード会社の審査によりましては、ご提供できない場合がございます。

選べる課金方式

当社では事業者さまのニーズにお応えする課金方式をご提供いたします。

  • 都度課金

    商品購入時にお客さまに都度決済いただく課金方式です。

  • 継続課金

    継続してサービスを提供する場合に、定期的に決済する課金方式です。
    事業者さまにて課金タイミングや金額を自由に設定していただけます。
    また、毎月自動的に固定金額を課金処理することも可能です。

  • クレジットカード洗替サービス

    課金対象であるクレジットカードの有効性を確認し、カード番号や有効期限などを最新情報に更新するサービスです。
    クレジットカードの有効期限切れなどで生じる決済エラーを防ぎ、安定した課金処理を行うことが可能となります。

各種ECカートパッケージと連携可能

当社のクレジットカード決済では、独自構築されたECサイトはもちろん、さまざまなECカートパッケージで構築されたサイトにもご導入いただけます。

各種ECカートパッケージと連携可能

各種ECカートパッケージと連携可能

幅広いセキュリテイサービス!非保持化から不正使用対策まで

このほど、クレジット取引セキュリティ対策協議会(※1)は『クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画-2017-』を公表しました。この実行計画はEC事業者さまに対して、カード情報漏えい防止のための「非保持化」やクレジットカードの不正使用を防止する「多面的・重層的な不正使用対策」を、2018年3月末までに実施することを要請しています。
当社ではこれらに必要なサービスを事業者さまのニーズにあわせてご提案いたします。


(※1)クレジット取引セキュリティ対策協議会とは、日本クレジット協会(割賦販売法に基づく「認定割賦販売協会」および個人情報保護法に基づく「認定 個人情報保護団体」の認定を受けている団体)を中心としたカード会社、決済代行業者、行政など37団体により構成された協議会です。

クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画とは

実行計画は「カード情報の漏えい対策」、「ECにおける不正使用対策」、「偽造カードによる不正使用対策」の「3本柱」により構成されており、EC事業者さまは2018年3月末までに、以下の2点のご対応が必要です。
当社では、これらの対策となるセキュリティサービスをご提供いたします。


カード情報の漏えい対策
<事業者さま対応必須>
クレジットカード情報の非保持化
または
PCI DSS準拠
ECにおける不正使用対策
<事業者さま対応必須>
多面的・重層的な不正使用対策を導入

ニュースリリースはこちら
要約資料:クレジット取引セキュリティ対策協議会実行計画-2017-の概要について
    (出典:経済産業省と日本クレジット協会の説明会で配布された資料)

当社がご提供する非保持化サービス

「非保持化」とは、事業者さまが保有する機器・ネットワークにおいてクレジットカード情報を『保存』・『処理』・『通過』しないことを指します。 当社では「非保持化」および「PCI DSS(準拠)」に必要なセキュリティサービスを、事業者さまのニーズにあわせてご提案いたします。

当社がご提供する多面的・重層的な不正使用対策

クレジットカード名義人以外の「なりすまし取引」などの不正使用を防止するために、事業者さまはさまざまな対策を講じて「多面的・重層的な不正使用対策」が必要となります。当社では「不正検知サービス」に加えて、不正使用に有効な以下のサービスをご用意しており、ご導入いただくことをおすすめしております。

多面的・重層的不正使用対策 当社ご提供サービス
本人認証
消費者に特定のパスワードを
入力させることで本人を確認
本人認証サービス(3Dセキュア) お客さまがクレジットカード会社に事前登録したパスワードを利用して、決済時に本人認証を行うサービスです。クレジットカードを利用する際に、パスワードが誤っていると決済が行われないため、なりすましや盗難カード、偽造カードなどの不正使用を防止し、より安全に決済いただけます。
セキュリティコード
券面の数字(3~4桁)を入力し、
カードが真正であることを確認
セキュリティコード(CVV、CVV2) セキュリティコードとは、カード裏面またはカード表面に記載されている3桁または4桁の番号を指します。カードをお持ちの方のみが分かるセキュリティコードを決済時に求めることで、クレジットカードの不正使用リスクを低減できます。
属性・行動分析
過去の取引情報等に基づく
リスク 評価によって不正取引を判定
不正検知サービス 専用ページに注文情報を入力するだけで、不正審査ができるサービスです。審査をすることで不正の疑いのある注文の商品発送を未然に防ぐことが可能です。 当社オンライン決済サービスをご導入の事業者さまへ無償でご提供いたします。 > 不正検知と保証サービスの無償附帯
配送先情報
不正配送先情報の蓄積によって
商品等の配送を事前に停止

クレジットカード決済の仕組み

当社クレジットカード決済の仕組みをご説明いたします。

クレジットカード決済の仕組み

クレジットカード決済の仕組み

提供機能

  • 接続方式
    リンク型 API型
  • 課金方式
    都度 継続(簡易) 継続(定・従)
  • 導入可能サイト
    PC スマートフォン 携帯

※クレジットカード決済では、提供機能を組み合わせることで継続課金(定・従)と同様の課金方式を実現できます。

決済手続き画面を事業者さまが自由に構築いただける接続方式です。 >API型 詳細
商品購入時に都度決済いただく課金方式です。 >課金方式 詳細
当社が定める課金日に、一定金額を継続的に決済する課金方式です。 >課金方式 詳細
加盟店さまにて課金時期と金額を指定して継続的に決済する課金方式です。 >課金方式 詳細

導入方法

お申し込みからご利用開始までのお手続きに関しては導入についてをご確認ください。
ご利用のための料金(手数料など)は詳細をお伺いしたうえでお見積もりいたします。

よくあるご質問

クレジットカード決済をご検討中の事業者さま、すでにご利用中の当社加盟店さまからいただいたご質問です。

Q.
分割払いには対応していますか。
A.
分割払い、リボ払いに対応しております。
Q.
売上の入金サイクルについて教えて下さい。
A.
月1回または月2回から選択いただけます。
Q.
導入にかかる費用を教えてください。
A.
事業者さまのご要望に応じて最適なプランをご提案、お見積もりさせていただいております。お気軽にお問い合わせください。
Q.
店舗で利用できる決済端末の取り扱いはありますか。
A.
スマートフォンやタブレットを利用してクレジットカード決済ができる「端末決済サービス」をご用意しております。

その他のご不明点はよくあるFAQ よくあるご質問をご確認ください。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ご入力時間 約1分

03-6889-2131

平日 9:30~17:30