MENU

クレジットカード決済

6大国際ブランドに対応

クレジットカード決済とは

クレジットカード決済は、クレジットカード番号や有効期限などを利用して商品などの代金支払いを可能とする決済手段です。近年、オンラインショッピングで最も多く利用されている決済手段のため、ECサイトにご導入いただくことで、売上拡大も見込めます。
SBペイメントサービスのクレジットカード決済なら、さまざまな課金方式や接続方式をご用意しており、スタートアップから大規模な事業者さまでも高機能なクレジットカード決済システムを簡単にご導入いただけます。
また、近年多発しているクレジットカードの不正利用や情報漏えいについても、「本人認証サービス(3Dセキュア)」や「トークン機能」などをご用意しており、高度なセキュリティ対策のもとでクレジットカード決済をご利用いただけます。

増え続けるクレジットカード決済の需要

実店舗での商品購入からネットショップでの買い物時まで、クレジットカードを利用した決済が年々増加してきております。
購入者であるお客さまはもちろん、店舗やECサイトの事業者さまにもクレジットカードの利便性はメリットであるため、世間一般に広く普及してきていると考えられます。お客さまはすぐに支払える現金がなくても商品を購入することが可能となり、「分割払い」や「リボ払い」などの支払回数の選択肢を事業者さまが用意することで、高単価な商材やサービスの販売機会の拡大も見込めます。また、デジタルコンテンツのような継続的な支払いが必要となるサービスの場合においても、クレジットカード決済を利用することで自動的に決済を完了させられるため、お客さまと事業者さま双方にメリットがあります。

お客さまのメリット

現金のやりとりの必要がない


  • 急な出費でもお支払いが可能
  • 振込や現金を用意する手間が省ける

分割払いができる


  • 月々のお支払い額が抑えられる
  • 2回払いまでなら手数料が不要

ポイントなど会員優待特典がある


  • 貯めたポイントで商品やマイルなど交換ができる
  • 優待特典やサービスを受けられる


事業者さまのメリット

販売機会の拡大・売上高の向上


  • カード利用希望のお客さまの囲い込みができる
  • 現金に比べ販売単価が上がりやすい

経理処理効率の改善


  • 現金の締め作業や請求作業の軽減
  • 料金回収における未収率改善

定期課金やリピーターの増加が期待できる

  • 自動引き落としができ継続率向上に繋がりやすい
  • 定期契約の増加による売上高向上にも期待できる


クレジットカード決済の仕組み

SBペイメントサービスのクレジットカード決済の仕組みをご説明いたします。
SBペイメントサービスは、各クレジットカード会社との契約にもとづき、決済代行会社としてクレジットカード決済をご提供しています。ECサイトを運営する事業者さまは、SBペイメントサービスにご利用の申込みをするだけで各クレジットカード会社との契約手続きを行うことなく、クレジットカード決済を導入・利用いただくことが可能です。
また、SBペイメントサービスはVisa、MasterCard、UnionPay(銀聯)の国際ブランドライセンスを取得しているため、審査から決済サービスのご提供までをワンストップで行えます。そのため、決済を含めた新規ビジネスの展開も柔軟にご支援します。

クレジットカード決済の仕組み

クレジットカード決済の仕組み

クレジットカード決済の特長

主要6ブランドのクレジットカードに対応

6大国際ブランド(Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club International、Discover)に対応しております。ブランドロゴのあるクレジットカードであれば、発行しているクレジットカード会社を問わず、クレジットカード決済を受け付けることが可能です。*

また、中国の銀聯カードに対応した「銀聯ネット決済」もご提供しております。

*クレジットカード会社の審査によりましては、ご提供できない場合がございます。

選べる課金方式

SBペイメントサービスでは、事業者さまのニーズにお応えする課金方式・接続方式をご提供いたします。

  • SBペイメントサービスがご提供する課金方式

    事業者さまがお客さまにお支払いいただく際の課金方式を、「都度課金」「継続課金(簡易)」「継続課金(定期・従量)」のいずれかから、お選びいただけます。

  • 都度課金

    都度課金は、商品購入時にその都度決済いただく課金方式です。

  • 継続課金

    ・継続課金(簡易)

    ・継続課金(定期・従量)

SBペイメントサービスがご提供する接続方式

SBペイメントサービスでは「リンク型」と「API型」をご用意しております。事業者さまの環境に合わせてお選びください。


リンク型
リンク型は、SBペイメントサービスが提供する決済画面を呼び出し、決済処理を行う接続方式です。簡単かつスピーディーにご導入いただけるのが特徴です。
リンク型の決済システム接続方式を使用することで、事業者さまのサーバーにクレジットカード情報を通過させずに決済できます。

API型
API型は、事業者さまとSBペイメントサービスのサーバー間で決済情報を通信し、決済処理を行う接続方式です。事業者さま側で決済画面を自由に設計いただけるのが特徴です。
トークン機能により、決済画面の自由度を保ったまま、事業者さまのサーバーでクレジットカード情報を取り扱う(通過も含む)ことなく、安全にクレジットカード決済をご利用いただけます。

  • クレジットカード洗替サービス

    毎月、SBペイメントサービスに保管しているクレジットカードの有効性をクレジットカード会社へ確認し、クレジットカード番号や有効期限などを最新情報に更新するサービスです。
    クレジットカードの有効期限切れなどで生じる決済エラーを防ぎ、安定した課金処理を行うことが可能となります。

    各種ECカートパッケージと連携可能

    SBペイメントサービスのクレジットカード決済では、独自構築されたECサイトはもちろん、さまざまなECカートパッケージで構築されたサイトにもご導入いただけます。

    各種ECカートパッケージと連携可能

    各種ECカートパッケージと連携可能

    SBペイメントサービスの特長

    SBペイメントサービスは、オンライン決済や店舗向け決済サービス、マーケティング支援プラン、AI不正検知サービスなど、事業者さまのニーズに合わせた豊富な決済手段と提携サービスをご提案できる決済代行会社です。
    年間取扱高は約4兆円(2020年度実績)に上り、ソフトバンクのグループ企業の決済システムや決済情報を管理してきた実績をもとに、安心のセキュリティサービスをご提供しています。

    クレジットカード決済の導入方法

    SBペイメントサービスのクレジットカード決済代行サービスにお申込みいただいた場合、ご利用開始までのお手続きは、下記のフローに沿って進めさせていただきます。

    ※期間は目安になります。ご利用開始日は、お申込みになる決済手段や決済提供機関の審査状況により変動いたします。
    ※必要書類が不足している場合は、審査を受けることができないためご注意ください。
    ※必要書類については、お申込み時にSBペイメントサービスの営業担当よりご案内いたします。

    詳細な導入手順と費用は下記のページをご確認ください。
    オンライン決済サービス導入までの流れ・手順

    また、ご利用料金(手数料など)は詳細をお伺いしたうえでお見積りいたしますので、下記のお問い合わせボタンよりお問い合わせください。

    クレジットカード決済の提供機能

    • 接続方式
      リンク型 API型
    • 課金方式
      都度 継続(簡易) 継続(定・従)
    • 導入可能サイト
      PC スマートフォン 携帯

    ※クレジットカード決済では、提供機能を組み合わせることで継続課金(定・従)と同様の課金方式を実現できます。

    クレジットカード決済代行サービスのお申込みに必要な書類

    SBペイメントサービスのクレジットカード決済代行サービスにお申し込みいただく場合、下記の書類が必要になります。

    申込書

    SBペイメントサービスより、指定の申込書を送付いたします。
    申込書には、下記の事項を記載のうえ、ご提出ください。


    <申込書に記載していただく内容>

    • ・企業情報(登記簿謄本と同じ内容)
    • ・振込口座
    • ・ご利用になる決済手段(クレジットカード決済、キャリア決済など)
    • ・サービス開始希望日
    • ・管理ツールのIP制限有無
    • ・決済システム接続方式
    • ・IPアドレス

    サービス概要資料

    ECサイトがオープンする前にクレジットカード決済代行サービスにお申し込みいただく場合、サービス概要資料(サービスの内容がわかる資料)が必要です。
    サービス概要資料には、下記の必要項目を記載のうえ、ご提出ください。


    <サービス概要資料に記載していただく項目>

    • ・ECサイトのコンセプト
    • ・提供している商材の内容
    • ・課金対象(商材ごとの価格帯)
    • ・画面遷移図(入会、決済、退会時)
    • ・特定商取引法に記載する内容

    そのほかの必要書類

    そのほか、下記の書類が必要になります。
    決済手段によって、下記の書類以外が必要になる場合は、SBペイメントサービスよりご案内いたします。


    <すべての決済手段で必要な書類>

    • ・加盟店申請書
    • ・取扱商品説明資料
    • ・登記簿謄本
    • ・印鑑証明書

    SBペイメントサービスはクレジットカード・セキュリティガイドラインに準拠

    SBペイメントサービスは、クレジット取引セキュリティ対策協議会が策定した、「クレジットカード・セキュリティガイドライン」に準拠したサービスをご提供しております。

    クレジット取引セキュリティ対策協議会とは、日本クレジット協会を事務局とし、クレジットカード会社、決済代行会社、行政機関などにより構成された協議会です。日本クレジット協会は、経済産業大臣によって、割賦販売法にもとづく認定割賦販売協会と、個人情報保護法にもとづく認定個人情報保護団体に認定されています。

    クレジット取引セキュリティ対策協議会は、クレジットカード会社や事業者さまに向けて、セキュリティ対策や取り組み事項をまとめた、「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」を策定し、安全・安心なクレジットカードの利用環境の整備を進めています。
    この実行計画の実施期限となる2020年3月末以降も、セキュリティ対策の継続的な検討や実施は必要であると判断したことから、後継文書としてクレジットカード・セキュリティガイドラインが策定されました。

    SBペイメントサービスでは、クレジットカード・セキュリティガイドラインを満たすために、クレジットカード情報の非保持化やAI不正検知などのサービスを、事業者さまのニーズに合わせてご提供いたします。


    事業者さまのご対応が必要なセキュリティ対策

    クレジットカード・セキュリティガイドラインは、「クレジットカード情報の漏えい対策」「ECにおける不正使用対策」「偽造カードによる不正使用対策」の3本柱により構成されています。
    事業者さまのご対応が必要なセキュリティ対策は、クレジットカード情報の漏えい対策と、ECにおける不正使用対策の2点です。
    SBペイメントサービスでは、下記2点の対策を実施するためのセキュリティサービスをご提供しています。

    クレジットカード情報の漏えい対策
    <事業者さま対応必須>
    クレジットカード情報の非保持化
    または
    PCI DSS(※)準拠
    ECにおける不正使用対策
    <事業者さま対応必須>
    多面的・重層的な不正使用対策を導入

    ※PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とは、加盟店やサービスプロバイダが、クレジットカード会員データを安全に取り扱うために作られた、クレジットカード業界のセキュリティ基準です。
    要約資料: 関連資料 | 一般社団法人日本クレジット協会

    SBペイメントサービスのクレジットカード情報非保持化サービス

    クレジットカード情報の非保持化とは、事業者さまが保有する機器・ネットワークにおいて、クレジットカード情報を保存・処理・通過しないことを指します。

    SBペイメントサービスでは、クレジットカード情報の非保持化とPCI DSSの準拠に必要となる、下記のようなセキュリティサービスを、事業者さまのニーズに合わせてご提案いたします。ご導入に向けて比較検討されている事業者さまは、ぜひ一度お問い合わせください。

    SBペイメントサービスがご提供する多面的・重層的な不正使用対策

    多面的・重層的な不正使用対策とは、セキュリティコードや3Dセキュアによる認証方式の導入に加えて、お客さまの属性・行動分析や、商品配送先情報の確認といった対策を指します。
    SBペイメントサービスでは、AI不正検知サービスに加えて、不正使用対策に有効な下記のサービスをご用意しています。これらのサービスは、盗難カードの使用やなりすましなどによる不正使用の防止が期待できますので、ご導入いただくことをおすすめしております。

    多面的・重層的不正使用対策 SBペイメントサービスのご提供サービス
    本人認証
    消費者に特定のパスワードを
    入力させることで、本人認証を行います。
    本人認証サービス(3Dセキュア) 本人認証サービス(3Dセキュア)とは、決済時の本人認証を行う際、お客さまがクレジットカード会社に事前登録したパスワードを利用するサービスです。お客さまがクレジットカードを利用する際、パスワードが誤っていると決済が行われないため、なりすましや盗難カード、偽造カードなどの不正使用を防止でき、より安全に決済していただけます。
    セキュリティコード
    券面の数字(3~4桁)を入力し、
    クレジットカードが真正であることを確認します。
    セキュリティコード(CVV、CVV2) セキュリティコードとは、クレジットカードの裏面または表面に記載されている3桁または4桁の番号のことです。セキュリティコードがわかるのはクレジットカード保有者であるお客さまだけです。セキュリティコードを決済時に求めることで、クレジットカードの不正使用リスクを低減できます。
    属性・行動分析
    過去の取引情報などにもとづく
    リスク評価によって、
    不正取引を判定します。
    不正検知サービス AI不正検知サービスは、決済情報と機械学習で不正利用を検知するサービスです。過去のデータをもとに不正使用リスクを算出し、スコア化します。従来の不正検知サービスと比べて手軽にご導入いただけるのが、AI不正検知サービスのメリットです。
    配送先情報
    不正配送先情報の蓄積によって、商品などの配送を事前に停止します。
    不正配送先情報サービス 不正配送先情報サービスは、SBペイメントサービスが日次更新している最新の不正配送先情報をご提供いたします。事業者さまご自身で不正配送先情報をダウンロードいただき、商品出荷前にデータを照合することで、怪しい配送先を検知できます。

    決済手続き画面を事業者さまが自由に構築いただける接続方式です。 >API型 詳細
    商品購入時に都度決済いただく課金方式です。 >課金方式 詳細
    当社が定める課金日に、一定金額を継続的に決済する課金方式です。 >課金方式 詳細
    加盟店さまにて課金時期と金額を指定して継続的に決済する課金方式です。 >課金方式 詳細

    よくあるご質問

    クレジットカード決済をご検討中の事業者さま、すでにご利用中の当社加盟店さまからいただいたご質問です。

    Q.
    分割払いには対応していますか。
    A.
    分割払い、リボ払いに対応しております。
    Q.
    売上の入金サイクルについて教えて下さい。
    A.
    月1回または月2回から選択いただけます。
    Q.
    導入にかかる費用を教えてください。
    A.
    事業者さまのご要望に応じて最適なプランをご提案、お見積もりさせていただいております。お気軽にお問い合わせください。
    Q.
    店舗で利用できる決済端末の取り扱いはありますか。
    A.
    スマートフォンやタブレットを利用してクレジットカード決済ができる「端末決済サービス」をご用意しております。

    その他のご不明点はよくあるFAQ よくあるご質問をご確認ください。

決済代行なら、
SBペイメントサービス

幅広い事業領域における総合提案と
選ばれ続ける安心の実績、
ニーズにお応えする30種以上の豊富な決済サービス

国際ブランドメンバーの信頼性と万全のセキュリティー&サポート

SBペイメントサービスがお届けするおすすめコンテンツ

クレジットカード決済と関連性のあるサービスをご紹介いたします。導入をご検討中の事業者さまはあわせてご覧ください。

お問い合わせ