MENU

決済代行・クレジットカード決済サービスTOP > ECお役立ち情報 >  コンビニ決済 > コンビニ決済とは?その仕組みとメリットについて

更新日:2018/11/02

コンビニ決済とは?その仕組みとメリットについて

ECサイトで購入した商品の代金を、全国各地にあるコンビニエンスストアの店頭で支払える決済手段です。コンビニエンスストアという身近なお店でお支払いいただけるため、多くのお客さまがご利用なさっています。

当コラムでは、コンビニ決済の仕組みやEC事業者さまにとっての導入メリットを解説いたします。

コンビニ決済について

コンビニ決済とは、コンビニエンスストアの代金収納による決済方法です。クレジットカードをお持ちでないお客さまや、インターネット上でのクレジットカード決済にご不安なお客さまでも使いやすく、24時間いつでもコンビニエンスストアでお支払いいただける利便性があります。

コンビニ決済は、一般的に、「払込票タイプ」と「払込用番号タイプ」の2種類があります。(当社では、「払込用番号タイプ」をご提供しております。)
「払込票タイプ」は、お客さまが払込票をコンビニエンスストアの窓口に提示して商品代金を支払う方法です。EC事業者さまは、バーコードや商品の金額、支払期日が記載された払込票をお客さまにお送りする必要があります。
「払込用番号タイプ」は、お客さまがECサイトでご購入手続きをなさる際に、決済に必要な各種番号をECサイト上に表示する方法です。お客さまは、表示された各種番号をコンビニエンスストアのレジにお伝えいただくか、コンビニエンスストアに設置されている専用端末に番号を入力することで発券される払込票をレジにご提示いただくことで、代金をお支払いいただけます。

「払込票タイプ」と「払込用番号タイプ」は、それぞれメリットとデメリットが異なります。
「払込票タイプ」は、振込票の印刷や郵送など、EC事業者さまに手間がかかるものの、お客さまは世代に関係なく、簡単にお支払いいただける方法といえるでしょう。
「払込用番号タイプ」は、EC事業者さまが払込票をご用意する必要がなく業務面で負荷がかからない一方で、お客さまにはコンビニエンスストアの専用端末を操作いただかなくてはなりません。

コンビニ決済の仕組み

当社のコンビニ決済は、お客さま、加盟店さま(EC事業者さま)、収納会社、コンビニエンスストアが関わる仕組みです。

  • (1)お客さまが加盟店さまでコンビニ決済を選択して、商品等をご購入
  • (2)~(3)当社を通して収納会社で決済処理を実行
  • (4)加盟店さまよりお客さまに払込情報を提供
  • (5)お客さまは、払込情報をもとに、コンビニエンスストアで代金をお支払い
  • (6)加盟店さまよりお客さまへ商品等を提供
  • (7)~(8)当社を通して、収納会社より加盟店さまに入金

EC事業者さまは当社とご契約いただくことにより、各コンビニエンスストアと直接契約のお手続きをすることなく、主要なコンビニエンスストア店頭でのお支払いを受け付けできるようになります。また、ご要望に合わせて収納会社をお選びいただけます。主に、株式会社電算システムかウェルネット株式会社より収納会社をご選択いただけます。

コンビニ決済をEC事業者さまが導入するメリット

利便性の高いコンビニ決済ですが、EC事業者さまがご導入するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

販売機会の拡大

コンビニ決済は、クレジットカードや銀行口座をお持ちでなくてもご利用いただけるため、お客層が広がり販売機会が拡大します。特に、クレジットカードをお持ちでないお客さまが多い若年層や、クレジットカードのオンライン決済に不安をお持ちのお客さまが多い高齢者層を中心にニーズが高く、このようなお客さまをターゲットとされるEC事業者さまはコンビニ決済を導入するメリットが大きいでしょう。
また、コンビニエンスストアを普段からご利用になるお客さまにとっては、日頃のお買い物のついでにお支払いを完了させられるため、銀行振込や代引きよりも気軽にご利用できるといえます。商品をご購入されたお客さまは、全国各地のコンビニエンスストアでいつでもお支払いただくことができるので、自由度が高く顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

約4割もの人が利用する決済手段

2016年の総務省「通信利用動向調査」によると、インターネットで購入する際の決済方法の中で、コンビニ決済の利用率は38.7%と、およそ4割となります。
最も利用されている決済方法はクレジットカード決済ですが、コンビニ決済も非常にニーズが高いことがわかります。EC事業者さまはコンビニ決済のご導入で、コンビニ決済をご利用になるお客さまを取り込むことができます。

図表6-2-1-9 インターネットで購入する際の決済方法(複数回答)

(出典)総務省「通信利用動向調査」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html

リアルタイムの入金通知

入金確認をリアルタイムに行えるというのも、コンビニ決済の大きな導入メリットです。郵便振込や銀行振込では、銀行の営業時間内でしか入金確認を行えません。一方、コンビニ決済であれば、代金が支払われた数分後から1時間程度のあいだに入金確認を行えるので、ほぼリアルタイムに状況を把握することができます。入金をご確認にすぐに商品を発送いただけるため、お客さまへのスピーディーな対応も実現できます。

代金未回収や商品キャンセルのリスク軽減

代金のお支払いをご確認後に商品発送いただけるため、代金未回収や商品キャンセルリスクを軽減することができます。クレジットカード決済のように、不正使用によるチャージバックが発生して売上が取り消される可能性もコンビニ決済ではありません。また、配達業者が商品と引き換えに代金を受け取る「代引き」では、商品郵送時に受け取り拒否をされた場合でも、EC事業者さまが送料などの手数料を負担する必要がありますが、そのようなリスクなく、より確実な代金回収が可能です。

ソフトバンク・ペイメント・サービスが選ばれる理由

当社のコンビニ決済は全国の主要なコンビニエンスストアに対応しており、多くのEC事業者さまに選ばれる理由でもあります。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマートに対応しており、当社にお申し込みをいただくだけで、EC事業者さまは各コンビニエンスストア店頭でのお支払いを受け付けることができるようになります。

また、コンビニ決済の売上は当社ご提供の「決済管理ツール」から簡単にご確認いただける他、コンビニエンスストアで商品代金が支払われるとリアルタイムで当社からEC事業者さまへ通知するため、スピィーディーに商品をご発送いただけます。

上述のとおり、当社のコンビニ決済では多くのメリットをEC事業者さまにご提供いたします。ご導入を検討なさっている場合は、ぜひ一度お問い合わせください。


ソフトバンク・ペイメント・サービスがお届けするおすすめコンテンツ

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ご入力時間 約1分

03-6889-2131

平日 9:30~17:30