MENU

決済代行・クレジットカード決済サービスTOP > ECお役立ち情報 > 【決済手段ランキング】ECサイトで利用されている決済手段は?

更新日:2019/10/10

【決済手段ランキング】ECサイトで利用されている決済手段は?

ネット通販やデジタルコンテンツの普及で、老若男女問わず多くの人がインターネット決済を利用するようになりました。ECサイトを運営する上で、どの支払い手段がよく利用されているのかを知ることは重要です。
そこで、どの決済手段が最も使用されているのかを調査するために、当社でアンケート調査を実施しました。アンケート結果を基に、利用されている決済手段をランキング形式でご紹介いたします。

通販サイトのアンケート結果

ファッションや化粧品、食料品、衣料品などを扱う通販サイトで、最も利用されている決済手段は何でしょうか。有効回答数1,986人によるアンケート(単一選択)を実施しました。その結果を見ていきましょう。


※集計期間:2018年12月1~10日



Q.洋服、靴などの身に付けるアクセサリー、化粧品、本、食料品、医薬品などを販売している通販サイトで最もご利用になる支払方法はなんですか?(単一選択)


〈全体〉



〈男女別〉



〈男女年齢別〉


1位 クレジットカード決済(79.1%)

1位に輝いたのは、79.1%の人が答えたクレジットカード決済。男女別の結果でも大きな差はなく、男性が79.3%、女性が78.8%という結果になっています。
年齢別では多少差異があり、30代以上では男女ともに8割を超えているのに対し、10代では男性が47.6%、女性が56.7%、20代では男性が63.6%、女性が70.2%となっています。年齢的にクレジットカードが発行しにくいことや、若いころから多様な決済手段に親しんでいることから、クレジットカード決済以外の利用割合が高まっているのでしょう。
では、ユーザーはどのような理由でクレジットカード決済をよく利用しているのでしょうか。アンケート回答を紹介します。


  • 簡単。手数料がかからない。ポイントが貯まる。(男性/29歳)
  • クレジットカードでポイントがついてお得だから。(女性/32歳)
  • いつも利用している支払い方法だから。(男性/35歳)
  • ネットで完結できるから。(男性/36歳)
  • カード明細にて、まとめて購入記録が確認できるから。(女性/67歳)

クレジットカード決済のメリットとして、ポイントが貯まることと手数料がかからないことがよく挙げられます。また、簡単で使い慣れているといった意見も見られました。
クレジットカード決済は多くのECサイトで導入されており、ユーザーメリットも大きいため、新しいECサイトに決済を導入する場合には、まずは最優先で検討されることをおすすめいたします。


クレジットカード決済について詳しくはこちら


2位 コンビニ決済(6.6%)

2位はコンビニ決済です。特に10代男性から支持が厚く、21.4%がコンビニ決済を選択しました。女性でもコンビニ決済は人気で、10代女性が13.4%、20代女性が6.8%、30代女性が7.7%、60代女性が7.9%と、全体より高い割合を示しています。では、コンビニ決済を選んだお客さまのアンケート回答を見てみましょう。


  • 代引きだと自分が家にいないとき、誰かに頼まなくてはいけなく、コンビニは近くて行きやすいので便利だから。(女性/19歳)
  • クレジットカードを持っていない。(女性/20歳)
  • 手数料がいらないから。(男性/62歳)
  • 安心安全である。カードの不正利用やスキミングを防ぎたい。(女性/63歳)

コンビニ決済は手数料が無料で、自分の好きなタイミングでコンビニエンスストアで支払いを済ませられるという点が評価されています。クレジットカードを所有していない層や、インターネット上でクレジットカード情報を入力することに不安のあるお客さまはコンビニ決済を積極的に選んでいるようです。


コンビニ決済について詳しくはこちら


3位 キャリア決済(2.9%)

3位はキャリア決済です。年齢別に見ると、比較的若者層の男性のお客さまが多く、10代男性は9.5%、20代男性は6.4%、30代男性は4.3%となっています。一方の女性は、10代が3.0%であるのに対し、20代が7.5%という結果になりました。
40代以降は男女ともに2.9%以下で、キャリア決済は若い世代に支持されている決済手段であるといえます。では、具体的にどのような点が魅力的に映っているのでしょうか。アンケート回答をご紹介します。


  • 簡単だから。(女性/26歳)
  • 携帯代金とまとめて支払えるので。(男性/29歳)
  • ポイントがつくから。(男性/18歳)

クレジットカードを所有していなくても簡単に決済できる点や、料金を携帯代金とまとめて支払いでき管理がしやすい点がメリットとして感じられているようです。また、キャリア独自のポイントを貯めているお客さまは、キャリア決済を積極的に選んでいるといえるでしょう。


キャリア決済について詳しくはこちら


4位 代引き(2.8%)

4位は2.8%の代引きです。代引きは女性よりも男性のほうが多く、10代男性が7.1%、20代男性が5.8%、30代男性が3.9%、40代男性が3.1%、60代男性が3.2%と、全体的に平均よりも高くなっています。代引きを選ぶ理由はどのような点にあるのか、アンケート回答を見てみましょう。


  • 商品が届いてから支払えるので安心できる。(男性/32歳)
  • いくら使ったかわかりやすいから。(男性/42歳)
  • カード払いが嫌いだから。(女性/70歳)

手数料はかかるものの、購入した物が手元に届いてから支払えるという安心感が根強いようです。また、現金で収支管理しているお客さまや、クレジットカード決済を積極的に利用したくないお客さまにも代引きは選ばれています。


5位 後払い決済(2.0%)

5位は後払い決済です。比較的女性からの支持が厚く、10代女性が9.0%、20代女性が3.1%、40代女性が5.2%という結果になりました。アンケート回答から、具体的な利用の理由を見ていきましょう。


  • クレジットカードがなくても使える方法だから。慌てなくて良い方法だから。(男性/28歳)
  • お給料日の関係で。(女性/44歳)
  • 手数料負担がある場合も多いが、支払期日に余裕があることと、商品を確認してから支払えて安心だから。(女性/49歳)

支払い期限内であれば、給料日後などお金に余裕があるときに決済でき、届いた商品に問題がないかを確認してから支払いができる点に安心感があるという意見が多く見られました。
ECサイトでは、商品や支払いに対するお客さまの不安を払拭するためにも、商品確認後に支払える後払い決済を導入すると好印象を得られると考えられます。


後払い決済について詳しくはこちら


デジタルコンテンツのアンケート結果

電子書籍や動画視聴サービス、ゲームなどのデジタルコンテンツを扱うサイトで最も利用されている決済手段は何なのか、アンケート(単一選択)を実施しました。有効回答数1,173人によるアンケート結果を発表しましょう。


※集計期間:2018年12月1~10日



Q.電子書籍、動画視聴サービス、オンラインゲーム利用料、イベント参加費、会員費などのデジタルコンテンツの代金支払時に、最もご利用になる支払方法はなんですか?(単一選択)


〈全体〉



〈男女別〉



〈男女年齢別〉


1位 クレジットカード決済(76.2%)

1位は通販サイトと同様、76.2%が選んだクレジットカード決済ですが、年齢別に見てみると、通販サイト以上に顕著な違いが見られました。
30代以上は男女ともに80%前後と高い数値となっていますが、10代の男性は40.3%、10代の女性は37.8%、20代の男性は67.4%と、他の決済手段を選ぶ割合が高くなっています。10代のクレジットカード所有率の低さも一因としてあるでしょうが、デジタルコンテンツに関しては、クレジットカード決済以外にも複数決済手段を導入すべきと考えられます。


クレジットカード決済について詳しくはこちら


2位 コンビニ決済(8.0%)

2位はコンビニ決済です。コンビニ決済は圧倒的に10代の支持が厚く、10代男性が31.3%、10代女性が31.6%となっています。10代の若者向けサービスを展開する事業者さまは、必ず導入すべき決済手段であると考えられます。


コンビニ決済について詳しくはこちら


3位 キャリア決済(4.8%)

3位はキャリア決済です。支持層は若干女性のほうが多く、10代が9.2%、20代が8.4%、40代が6.0%、50代が5.4%と全体平均の4.8%以上となっています。また、男性でも20代が8.4%、30代が5.1%、50代が5.4%と、幅広い年齢のお客さまに利用されています。
デジタルコンテンツの決済手段の上位3つは、通販サイトと同様にクレジットカード決済、コンビニ決済、キャリア決済となっています。通販サイトでも使い慣れたお客さまの多いこれらの決済手段は、ニーズに応えるためにも導入しておきたいところです。


キャリア決済について詳しくはこちら


4位 プリペイドカード決済(1.4%)

4位はプリペイドカード決済です。これは、10代男性の利用率が圧倒的に高く、10.4%となっています。オンラインゲームのキャンペーンでプリペイドカード決済と連動したものがあるため、その効果も大きいのでしょう。
では、プリペイドカード決済が選ばれる理由を、アンケート回答から探ってみましょう。


  • クレカを持ってないから。(男性/18歳)
  • チャージした分だけ使えるので便利だから。(男性/19歳)
  • ゲーム提供会社の指定のうち、一番使い勝手が良いから。(女性/60歳)

クレジットカードを所有していなくても、安全かつ手軽に決済できる点が支持されています。特に、オンラインゲームなどでは、課金しすぎを防ぐためにプリペイドカード決済を利用するケースも多いようです。小学生でもおこづかいで購入できるので、ゲーム系のサービスを展開する事業者さまは、プリペイドカード決済を導入することをおすすめします。


プリペイドカード決済について詳しくはこちら


5位 電子マネー決済(1.2%)

5位は電子マネー決済です。最近、普及してきた決済手段で、今後も利用率が上昇することが考えられます。
では、電子マネー決済を利用する理由はどこにあるのでしょうか。アンケート回答を紹介します。


  • 便利だから。(女性/19歳)
  • 決済が速い。使い過ぎがない。(男性/32歳)
  • 貯まったポイントを電子マネーに交換することが多いからよく使う。(男性/42歳)

プリペイド式の電子マネーであれば使いすぎる心配がなく、楽に決済できるという点にメリットを感じられています。また、クレジットカードで貯めたポイントを電子マネーに交換することができるケースが多いため、デジタルコンテンツの決済で電子マネーが利用されています。特に少額の決済が多いサービスでは、電子マネーとの親和性が高いでしょう。


電子マネー決済について詳しくはこちら


ユーザーのために幅広い決済手段の導入を

通販サイトとデジタルコンテンツともに、クレジットカード決済が圧倒的な利用率を誇る結果となりました。次いでコンビニ決済、キャリア決済となり、商品の発送を伴うECサイトでは、商品確認後に支払える代引きや後払い決済の利用率が高くなっています。
また、デジタルコンテンツでは、オンライン上で手軽に決済できるプリペイドカード決済や電子マネー決済が支持されていました。事業者さまが提供するサービスに合わせて、できる限り多くの決済手段を導入されることで、より多くのユーザーを確保し、売上を向上させられるでしょう。


SBペイメントサービスが選ばれる理由

当社では、ECサイト事業者さまにも、実店舗の事業者さまにも、ビジネスに合わせてご導入いただける決済手段を豊富にご提供しております。複数の決済をまとめてご契約いただけるため、事業者さまが決済サービスごとに契約を結ばれるよりも、当社をご利用いただくことで大幅に手間を省いていただくことが可能です。また、当社が決済処理や入金手続きを代行いたしますので、ビジネスの運用に集中していただけます。


ご導入を検討なさっている事業者さまは、ぜひ一度お問い合わせください。


関連コラム記事


SBペイメントサービスがお届けするおすすめコンテンツ