MENU

決済代行・クレジットカード決済サービスTOP > 事例 > 株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント

アメーバとTポイント提携を実現
企業をつなぐ決済サービスに高まる期待

2012年12月、スマートフォン市場No.1を目指す「アメーバ」と、共通ポイント流通最大手「Tポイント」が提携を発表した。
この提携に寄与したのが、決済サービス最大手のソフトバンク・ペイメント・サービスだ。
3社の狙いと提携による効果を聞く。

※2013年2月18日発売「週刊東洋経済」掲載の事例より転載。所属部門、役職名等は掲載時点のもの。

Tポイント導入で仮想通貨の流通量を増やし新規ユーザー増を狙う

サイバーエージェントが運営するスマートフォン(スマホ)向けコミュニティ&ゲームSNS「アメーバ」が、スマホ市場の拡大を背景に急成長している。
もともとアメーバは、パソコンやフィーチャーフォン向けにブログやアメーバピグ(アバターによるコミュニケーションサービス)などのWEBサービスを提供していた。
しかし、スマホ市場のさらなる拡大を見込み、11年ごろから社内リソースをスマホ向けに集中。
12年6月には、スマホ上のコミュニティとソーシャルゲームプラットフォームとして、スマホ向け「アメーバ」をリリースし、サービスの転換を図っている。
1月の会員数は655万人と10月比で219万人増を記録。
スマホ内の仮想通貨「コイン」の利用額も12月単月で8億円規模に増加した。

そのアメーバが12年末、日本最大の共通ポイントサービス「Tポイント」との提携を発表した。
スマホ向け「アメーバ」では、ソーシャルゲームなどのサービスを利用する際に、「コイン」と呼ばれる仮想通貨を使用している。
コインは、購入することもできるし、ゲームをしたり、友達をアメーバのサービスに誘うことなどで増やすことができる。

今回の提携は、アメーバでコインを購入する際に、105円(税込)につきTポイント1ポイントが付与されるというものだ。
貯めたTポイントはアメーバ上でコインに交換できるだけでなく、ほかのTポイント提携店舗で1ポイント=1円で使用できる。
今回の提携の狙いを、サイバーエージェント取締役の小池政秀氏は以下のように語る。

「プラットフォーム事業では、いかに仮想通貨の流通規模を大きくするかが重要になります。
そこでさまざまなポイントサービスで付与されるポイントを、アメーバコインに交換できるようにすることが、アメーバのユーザー数増につながるのではないかと思い至り、この度Tポイントを導入することにしました」。

Tポイント導入で仮想通貨の流通量を増やし新規ユーザー増を狙う

提供サービス

決済手段

商品の購入代金を携帯電話料金とまとめてお支払いただける決済手段です。
3キャリアの決済手段をまとめて導入することが可能で、お支払いの操作も簡単なのでケータイユーザーに人気の高い支払い方法です。

システム提供(Tポイント)

お客様プロフィール

会社名 株式会社サイバーエージェント
サイト名 Ameba
URL http://www.ameba.jp/(PC)
https://s.amebame.com/(スマートフォン)
Ameba

ソフトバンク・ペイメント・サービスがお届けするおすすめコンテンツ

クレジットカード決済から導入をご検討される事業者さまも多く、ご紹介したい情報も多岐にわたります。その中から当社にて、時事性・重要性を判断し、いくつかピックアップしてご紹介おります。ぜひ、ご覧くださいませ。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ご入力時間 約1分

03-6889-2131

平日 9:30~17:30