MENU

決済代行・クレジットカード決済サービスTOP > 事例 > 一般社団法人妙高ツーリズムマネジメント

一般社団法人妙高ツーリズムマネジメント

妙高が「街ごとキャッシュレス化」を推進!
キャッシュレス対策とインバウンド対策を同時に実施し観光促進。

事業内容

一般社団法人妙高ツーリズムマネジメントは、新潟県妙高市の観光振興の舵取り役となる妙高版DMO(観光地経営組織)として設立し、観光振興・地域振興への取り組みを行っています。「妙高街ごとキャッシュレス」と称して、妙高高原のスキー場(赤倉温泉スキー場、池の平温泉スキー場、妙高杉ノ原スキー場)や、ゲレンデ内の飲食店から近隣飲食店、あらい道の駅など妙高のあらゆる観光シーンにおいて街をあげてキャッシュレス化を推進しています。


キャッシュレス決済の導入背景

弊社では、観光事業者を始めさまざまな業種の皆さまとの連携により、街全体での観光活性化を図っていますが、年々増えるスノーシーズンのインバウンド客に対して「キャッシュレス対策」と合わせて「多言語対策」が課題となっておりました。
そこでSBPSの決済サービスが連携されているモバイルオーダーシステム「Putmenu(プットメニュー)」と5省庁の後援を受けて全国の観光自治体と一緒に観光促進を推進する地方活性化プロジェクト「温泉総選挙」と連携を図り、妙高に訪れる国内外の観光客に対して、「キャッシュレス対策」と「多言語対策」を同時に実施することで、観光シーンでの消費拡大と観光客の満足度向上を目指しました。

キャッシュレス決済の導入効果

モバイルオーダーシステム「Putmenu」は、12カ国語に対応する、スマホを使って事前に注文と支払いができるシステムです。弊社は、インバウンド客が妙高滞在中に消費体験する複数のスポットに「Putmenu」を導入しユーザーへ「妙高街ごとキャッシュレスアプリ」として提供することでユーザー接点を増やした結果、例えばリフト券の購入後、ゲレンデで飲食し、夜の温泉街で夕食などのユーザー行動体験に沿った利用が促進されただけでなく、購買喫食情報を含めたユーザー消費行動を可視化することができるようになりました。また、国内観光客に対しても、混雑する週末のスキーレンタルやゲレンデ飲食店での注文と支払いをユーザーが「妙高街ごとキャッシュレスアプリ」を通じてスマホで事前に行っていただくことで、現地でお待たせすることなくサービス提供が可能になりました。さらに、すべての注文と支払いはオンラインで行われるため、人時生産性が向上し人手不足対策にも効果を発揮しています。


「妙高街ごとキャッシュレスアプリ」のご利用イメージ

※12カ国語に対応。

※各施設により導入決済手段は異なります。

今後のサービス展開

年々増え続けるインバウンド客に対して更なる満足度向上・消費拡大を図るため、スノーシーズンだけでなくグリーンシーズンの誘客施策に合わせて「キャッシュレス対策」と「多言語対策」を同時に解決する本プロジェクト「妙高街ごとキャッシュレス」を拡大していきたいと考えています。

ご利用の決済サービス

※各施設により導入決済手段は異なります。

ご利用のソリューション

「Putmenu」は商品の注文から決済までをスマホで行えるモバイルオーダーシステムです。
詳細はこちらをご覧ください。


お客様プロフィール

会社名 一般社団法人妙高ツーリズムマネジメント
サービス名 妙高街ごとキャッシュレス
URL https://www.myoko.tv/

お問い合わせ