MENU

トップ > 事例 > ヤフー株式会社(Yahoo!ショッピング)

ヤフー株式会社(Yahoo!ショッピング)

ECサイトのスマートフォン対応を支援。
3キャリアの「キャリア決済」をまとめて導入できる。

スマートフォンの普及が急速に進んでいる。
ECサイトにおいても、その対応が必須になるだろう。
このニーズに早期から応えているのが、ソフトバンク・ペイメント・サービスだ。
同社のスマートフォン対応「キャリア決済」は、KDDI、ソフトバンクモバイル、NTTドコモの3キャリアの決済手段をまとめて導入できると評判だ。

※2012年3月5日発売「週刊東洋経済」掲載の事例より転載。
※所属部門、役職名等は2012年1月27日取材時点のもの。

「Yahoo!ショッピング」がキャリア決済導入を進める理由

「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー(株)が、インターネットショッピングモール「Yahoo!ショッピング」のインターネット決済方法として、携帯電話事業者(キャリア)のキャリア決済の導入を進めている。
昨年11月にはKDDIの「auかんたん決済」を導入、12月にはソフトバンクモバイルの「ソフトバンクケータイ支払い」をを導入した。
現在はさらに、NTTドコモの「ドコモ ケータイ払い」の導入の準備を進めているところだ(2012年1月27日取材時点。現在は「ドコモ ケータイ払い」も導入済み)。
これらのサービスの導入により、利用者は、「Yahoo!ショッピング」で商品を購入する際、商品代金を毎月の携帯電話料金と合算して支払うことが可能になる。

吉村 耕太郎 ヤフー プラットフォーム開発本部 セントラル開発1部 リーダー

ヤフー(株) コンシューマ事業統括本部 新規事業企画室 新規事業企画チームの田村直哉氏はその狙いを次のように語る。
「大きな要因の一つは、スマートフォンの普及が急速に進んでいることです。 スマートフォンをお使いのお客様の中には、クレジット番号や口座情報の入力が面倒だという声も多い。
また、クレジットカードを持っていない若いお客様も増えています。
スマートフォンで、より簡単、便利に商品購入代金をお支払いいただける方法として、『キャリア決済』を早期に導入したいと考えていました」。

田村 直哉 ヤフー コンシューマ事業統括本部 新規事業企画室 新規事業企画チーム

導入にあたって同社が選んだのが、ソフトバンク・ペイメント・サービスの「キャリア決済」だ。
ヤフー(株) R&D統括本部 プラットフォーム開発本部 セントラル開発1部 リーダーの吉村耕太郎氏は、その理由を「当社が各キャリアと直接折衝し、その仕様を詰めていくのは大きな労力とコストがかかります。
ソフトバンク・ペイメント・サービスの『キャリア決済』なら、3キャリアの決済手段をまとめて、スムーズに導入できると思いました」と振り返る。

キャリア決済

提供サービス

決済手段

商品の購入代金を携帯電話料金とまとめてお支払いただける決済手段です。
3キャリアの決済手段をまとめて導入することが可能で、お支払いの操作も簡単なのでケータイユーザーに人気の高い支払い方法です。

お客様プロフィール

会社名 ヤフー株式会社
サイト名 Yahoo!ショッピング
URL http://shopping.yahoo.co.jp/
Yahoo!ショッピング

ソフトバンク・ペイメント・サービスがお届けするおすすめコンテンツ

クレジットカード決済から導入をご検討される事業者さまも多く、ご紹介したい情報も多岐にわたります。その中から当社にて、時事性・重要性を判断し、いくつかピックアップしてご紹介おります。ぜひ、ご覧くださいませ。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ご入力時間 約1分

03-6889-2131

平日 9:30~17:30