MENU

ECサイトの売上方式には、「自動売上」と「指定売上」の2種類あり、売上が確定するタイミングが異なります。売上方式の種類によって、それぞれ異なる処理が行われます。

自動売上

自動売上とは、ECサイトでお客さまが決済したのと同じタイミングで、自動的に売上処理を行う方式です。購入完了と同時に、決済機関からお客さまへ請求処理が行われることになります。事業者さまが、売上処理に時間をかけずに済みます。

※導入する決済手段、事業者さまのサービスによりご利用できない場合があります。詳しくはお問合せください。

指定売上方式

指定売上とは、事業者さまの任意のタイミングで、事業者さまご自身にて売上処理を行う方式です。 ECサイトでお客さまが購入した時点では、まだ売上確定にはなりません。「仮売上※1」の状態で、支払い額分の決済の利用枠(与信枠※2)を確保したことになります。事業者さまが在庫などを確認して、サービスを提供することで、「売上確定」となります。
クレジットカード決済の場合は、お客さまのクレジットカードの利用枠を確保できる期間はカード会社によって異なりますが、30~90日程度が一般的です。

※導入する決済手段、事業者さまのサービスによりご利用できない場合があります。詳しくはお問合せください。

※1 仮売上と売上の違い

「仮売上」とは、商品を購入したときに、お客さまの決済の利用枠(与信枠)から支払い額が確保されている状態を意味します。事業者さまが、お客さまにサービスを提供したことを確認して売上処理を行うことで、「売上」が確定となります。その後、カード会社からお客さまへの請求処理が行われます。
なお、仮売上の段階であれば、購入がキャンセルになった場合も、返金作業が発生しません。決済の利用枠から決済額を外す処理を行うだけで、対応できます。
※仮売上ができない決済手段がございます。詳しくはお問合せください。

※2 与信枠とは

与信枠とは、カード会社によって定められた、お客さまの利用限度額の枠のことです。与信枠は、クレジットヒストリーやスコアリングを積み重ねていくことで、増額されるケースがあります。

自動売上と指定売上にはそれぞれ特徴があり、業種によって適切な方式を選ぶ必要があります。ここでは例として、「物販」と「デジタルコンテンツ」における、売上方式を紹介します。

物販の場合

物販でよく使用される売上方式は「指定売上」です。お客さまがECサイトで商品を購入した後、事業者さまが在庫を確認し、その後商品を出荷するという流れになります。指定売上なら、在庫切れになっていないかどうか、売上確定前に確認することができて安心でしょう。仮に在庫がなかった場合でも、お客さまに説明して注文をキャンセルするだけで済みます。
ただし、常に在庫が確保できていてすぐに発送できる状態であれば、自動売上方式を選択してもいいでしょう。

デジタルコンテンツの場合

デジタルコンテンツの販売で、よく使用される売上方式は「自動売上」です。ゲームなどのデジタルコンテンツは、在庫不足が発生しません。ですから、お客さまが購入したら、すぐに自動で売上処理をすることができます。お客さまは購入したデジタルコンテンツを、すぐに利用することができます。

売上方式は、違いを把握した上で、自社の商品・サービスに最適なものを選択する必要があります。売上方式についてのご相談がありましたら、ぜひSBペイメントサービスにお問い合わせください。

お申し込みからご利用開始までのお手続きに関しては導入についてをご確認ください。
ご利用のための料金(手数料など)は詳細をお伺いしたうえでお見積もりいたします。

お問い合わせ