MENU

ホーム > インフォメーション

インフォメーション

「Pivotal.IO 2019」「Cloud Native Days 2019」で
SBペイメントサービスが講演を実施

2019年6月14日
SBペイメントサービス株式会社

SBペイメントサービス株式会社(以下「SBPS」)は、「Pivotal.IO 2019」「Cloud Native Days 2019」の各カンファレンスにおいて、「決済システムの内製化への旅」と題した講演を実施いたします。
SBPSは、先進企業と協業して次期決済システムを内製しており、その取り組みの概要や運用事例についてご紹介します。

イベント概要

イベント名 Pivotal.IO 2019
日時 2019年7月10日(水)9:30~18:00(開場9:00)
会場 アカデミーヒルズ
東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー49F
講演概要・お申し込み Pivotal.IO 2019 専用ページはこちら

SBPS講演内容

決済システムの内製化への旅
~PCF・BOSHによるオブザーバブルプラットフォーム~
(13:50-14:30)

SBペイメントサービス株式会社では、Pivotal Cloud Foundry・BOSHを使用して次期決済システムを内製しております。変化が激しいキャッシュレス業界において、開発に注力できるプラットフォームとしてPCFを採用し、システム開発を進めています。本セッションでは、「オブザーバビリティ」をひとつのキーワードとして、PCF・BOSHによる、ロギング・モニタリング・トレーシングを含めたプラットフォームの構築・運用事例、BizDevOps各目線でのメリット等を紹介します。

SBペイメントサービス株式会社
システム本部 システム運用統括部
プラットフォームエンジニア
木村 大地
(決済システムの開発、運用企画、改善に従事)

イベント概要

イベント名 Cloud Native Days 2019
日時 2019年7月23日(火)9:30~18:00(開場9:00)
会場 虎ノ門ヒルズフォーラム
東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階
講演概要・お申し込み Cloud Native Days Tokyo 2019 専用ページはこちら

SBPS講演内容

決済システムの内製化への旅
- SpringとPCFで作るクラウドネイティブなシステム開発
(10:00-12:00)

SBペイメントサービス株式会社ではSpringとPivotal Application Serviceを使用して、次期決済システムを内製しております。 本セッションでは導入の背景や、Spring Boot/Cloudを使用したアーキテクチャの説明、CI/CDやロギング・モニタリング、高レジリエンスへの取り組み内容のご紹介とあわせて、プラットフォームの導入が開発や運用にどのような効果をもたらすのかをお伝えします。

SBペイメントサービス株式会社
システム本部 システム運用統括部
シニアアーキテクト
鈴木 順也
(決済システムの開発、運用企画、改善に従事)

※内容は予告なく変更となる場合がございます。

本件に関するお問い合わせ先

SBペイメントサービス株式会社 営業本部
問い合わせフォーム:https://www.sbpayment.jp/contact/