MENU

ホーム > プレスリリース

プレスリリース

コールセンターでのカード情報非保持化を実現する
自動音声決済の提供事業者を拡大
~事業者のニーズに合わせた最適なサービスを選択可能に~

2018年5月29日
ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社(以下「SBPS」)は、SBPSの自動音声決済サービス「IVR決済サービス」※1に、2018年5月31日から、株式会社電話放送局(以下「電話放送局」)が提供する「カードIVRサービス」を追加しますので、お知らせします。

2018年6月1日に施行される改正割賦販売法において、クレジットカード情報の適切な管理や不正利用の防止などのセキュリティ対策が義務化され、事業者はクレジットカード情報の非保持化など具体的な対応や対策が必要となります。

「IVR決済サービス」は、SBPSの「オンライン決済ASP」を導入している事業者向けに提供する自動音声決済サービスです※2。コールセンターのオペレーターがクレジットカード情報をヒアリングする代わりに、お客さまとの通話をIVRシステムに転送することで、自動音声の案内に従ってお客さまがクレジットカード情報を入力し、決済プロセスを完了することができます。

「IVR決済サービス」は、現在HOYAサービス株式会社の「Voice Pay」と接続していますが、このたび新たに電話放送局の「カードIVRサービス」が接続されます。「カードIVRサービス」とSBPSの決済システムが連携することで、コールセンター内でクレジットカード情報を通過、処理、保存することなく決済できるため、事業者はクレジットカード情報の非保持化を実現し、安心して自社サービスを運用することができます。また電話放送局は、さまざまなIVRサービスを提供しているため、「カードIVRサービス」と組み合わせた、業務改善やコスト削減、人手不足解消を解決する総合的なソリューション※3を提供することができます。事業者は運用ニーズに合わせた最適なサービスを選択し、導入することが可能となります。

電話放送局の「カードIVRサービス」について

業界最大規模の5,000回線以上の設備を保有し、高い安全性が求められる金融機関や生損保業界でも利用されています。さらに、クレジットカード番号だけでなく、セキュリティコードや有効期限もIVRに入力する機能を備えているため、オペレーターがヒアリングする必要がなく、高いセキュリティが確保できます。

「カードIVRサービス」について 「カードIVRサービス」について

※1 IVR=自動音声応答

※2 事業者は、SBPSの「オンライン決済ASP」のクレジットカード決済のお申し込みに加えて、電話放送局との契約が必要となります。

※3 別途料金がかかります。

SBPSは、「IVR決済サービス」の他にも専用タブレットを利用した「永久トークン非保持化サービス」など、さまざまな非保持化対応サービスを提供しています。2018年6月には、コールセンターなどで電話受注を行っている事業者向けのセミナーを開催する予定です。 詳細はこちらをご覧ください。

SBPSは、今後も事業者のニーズに合わせた安全な決済サービスを提供していきます。

会社概要

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

代表者 代表取締役社長 兼 CEO 榛葉 淳
所在地 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル25階
事業内容 決済サービス、集金代行および企業の計算事務代行、アクワイアリング(カード加盟店業務)事業、イシュイング(カード発行業務)事業
URL https://www.sbpayment.jp/

株式会社電話放送局

代表者 代表取締役社長 森 正行
所在地 大阪府大阪市北区西天満4-8-17 宇治電ビルディング 5F
事業内容 IVR(自動音声応答)システムを用いたクラウドサービス事業
URL https://www.dhk-net.co.jp/

決済サービスに関するお問い合わせ

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

電話番号 03‐6889‐2131(平日午前9:30~午後5:30受付)
お問い合わせフォーム https://www.sbpayment.jp/contact/

本件に関する報道機関からのお問い合わせ

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社 広報担当

電話番号 03-6889-2131(平日午前9:30~午後5:30受付)
メール press@sbpayment.jp

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ご入力時間 約1分

03-6889-2131

平日 9:30~17:30