MENU

ホーム > プレスリリース

プレスリリース

アジア圏のQRコード決済に一括で対応!店舗向け決済サービスにおいて
新たに「Alipay+」を提供開始
~インバウンド向け決済を自動識別し簡単に決済可能~

2021年6月1日

SBペイメントサービス株式会社

ソフトバンク株式会社の子会社であるSBペイメントサービス株式会社(以下「SBPS」)は、SBPSが提供する店舗向け決済サービスにおいて、2021年6月1日より、中国デジタル決済のリーディング・プラットフォーム「Alipay(アリペイ)」が提供するクロスボーダー決済およびマーチャント向けマーケティングソリューション「Alipay+」に対応します。

店舗を運営する事業者は、SBPSの提供する店舗向けQRコード決済アプリ「S!can」やQRコード決済端末「SUNMI」、APIを導入することで、アジア圏の各QRコード決済に一括で対応でき、お客さまのスマートフォンの画面に表示したQRコードを自動で識別して簡単に決済することができます。「Alipay+」は現在日本でAlipay、AlipayHK、Kakao Pay、Touch'n GO、EZ-Link、GCashのブランドに対応しており、各国と地域のQRコード決済ブランドと提携しインバウンド需要に対応しています。

Alipay(アリペイ)について

「Alipay(アリペイ)」はアントグループが提供するデジタル決済と生活サービスのリーディング・プラットフォームであり、中国本土では10億人以上のユーザーに利用されています。海外の各国と地域でも、中国人向けのオフライン決済サービス、アリペイの決済を通じた免税サービスを提供しています。また、海外金融機関および決済ソリューションのプロバイダーと協力し、海外を旅行する中国人観光客および中国の越境ECサイトを利用する海外顧客の決済を可能にしています。



SBPSの提供する店舗向け決済サービスについて

スマホやタブレットにアプリをインストールするだけで手軽にQRコード決済を導入できる「S!can」やQRコードの読み取りからレシート印字まで一台で対応する「SUNMI」など、SBPSの豊富な店舗向け決済サービスのラインアップから、事業者は業態やビジネス規模に合わせて最適な提供方式を選択できます。また、SBPSが各決済機関との契約から精算までまとめて対応することで、複数のQRコード決済を一括で導入・運用でき、事業者の導入コストや会計業務の負荷を大幅に軽減します。

対応QRコード決済
詳細は、こちらをご覧ください。

https://www.sbpayment.jp/service/device/
scan/



SBPSは今後もEC向けオンライン決済に加えて店舗向け決済の対応決済手段を拡充していき、事業者のさらなる利便性の向上を目指します。

・「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
・その他、記載されている会社名および商品・サービス名・ロゴは、各社の商標または登録商標です。
・掲載されている写真はイメージです。実際と異なる場合があります。

【会社概要】

SBペイメントサービス株式会社

代表者 代表取締役社長 兼 CEO 榛葉 淳
所在地 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル25F
事業内容 決済サービス、集金代行および企業の計算事務代行、アクワイアリング(カード加盟店業務)事業、イシュイング(カード発行業務)事業
URL https://www.sbpayment.jp/

■決済サービスに関するお問い合わせ

SBペイメントサービス株式会社

お問い合わせフォーム https://www.sbpayment.jp/service
/device/info/

■本件に関する報道機関からのお問い合わせ

SBペイメントサービス株式会社 広報担当

メール press@sbpayment.jp

お問い合わせ